So-net無料ブログ作成
検索選択

161126読んだ本&買った本

ハズレなしとはいえショッピングくじは16200円の本を買っても相変わらず5ポイントしか当たらん(+_+)

【読んだ本】

杉本苑子『天智帝をめぐる七人』(文春文庫,1997)所蔵本

「薬玉―中臣鎌足の立場から―」を読んだ(^^) 〈「いったいなぜ、それまでして近江遷都を強行しなければ
ならないのか」/民衆は素朴な疑問を抱いているが、答はひと言で足りた。外敵を日本国内に迎え撃つ
ことになったとき、飛鳥を首都としていては防衛に万全を期しがたい。近江のほうが決戦態勢に備え
やすいとの、軍事的な理由にほかならない。〉__φ( ̄^ ̄ )メモメモ 「三輪山を しかも隠すか 雲だにも
心あらなも 隠さふべしや」と朗誦した「額田女王はおそらく、近江への遷都を嫌っているのでしょうな」
__φ( ̄^ ̄ )メモメモ 関係はないけど、この歌に拠ったのが、紀貫之の古今集の歌番号94「三輪山を
しかもかくすか 春霞 人に知られぬ 花や咲くらむ」(^^) 「薬狩り」「薬玉」「鹿茸」が出てくるけど、どれも
西村亨『王朝びとの四季』(講談社学術文庫,1979)でも詳論(^^) 「後宮」が「後官」と誤植あり(..)

久保田淳『新古今歌人の研究』(東京大学出版会,1973)

井上宗雄『平安後期歌人伝の研究』(笠間書院,1978)

石田吉貞『藤原定家の研究[改訂版]』(文雅堂書店,1969)

池田弥三郎『百人一首故事物語』(河出文庫,1984)所蔵本

【買った本】

杉本苑子『対談 にっぽん女性史』(中公文庫,2008改版)

昨夜ついに年明けに買う予定だった本も注文してしまった(..) 本書は全額ポイント払いだが、たった
5ポイントの期間限定ポイントのために結構なポイント数を費消してしまったのは、買い物下手か(+_+)
本書の巻末に「編集部」による一文が載ってて、「本書は一九八五年四月に刊行された中公文庫『対談
にっぽん女性史』の新装改定版です。新組みにあたっては明らかな誤記・誤用など最低限の訂正にとどめ
ました。また本文中には・・・」云々とあるが、改訂版ならぬ「改定版」も「明らかな誤記」では(..)

寝る時も手袋し爪先が痛いのでスリッパを温かげなルームブーツに換えたが懐は寒風ピューピュー(;_;)
タグ:小説 歴史
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0