So-net無料ブログ作成
検索選択

161130読んだ本&買った本

お金ないのに我慢できず本を買ってしまう我が身を省みて「ヤマトタケシの歌」を口遊んでる(;_;)

【読んだ本】

久保田淳『新古今歌人の研究』(東京大学出版会,1973)

井上宗雄『平安後期歌人伝の研究』(笠間書院,1978)

石田吉貞『藤原定家の研究[改訂版]』(文雅堂書店,1969)

池田弥三郎『百人一首故事物語』(河出文庫,1984)所蔵本

【買った本&読んだ本】

みなもと太郎『風雲児たち~幕末編 28』(リイド社SPコミックス,2016)

かなり前に予約してたのが発売されたので届いた(..) 本巻は「清河八郎」「久光出陣」「シーボルト
日本を去る」「大島三右衛門視察行」「西郷引き戻し」「久光無位無冠[ママ]」「大久保vs岩倉」の
七章で構成され、例によって行ったり来たりはするが、島津久光引兵上京前夜から寺田屋事件前夜まで
を描く(^^) この辺は、海音寺潮五郎が丁寧に叙述してるわけだが(『寺田屋騒動』[文春文庫,1987→
2007新装版]、『西郷と大久保と久光』[朝日文庫,1989]、『幕末動乱の男たち』上[新潮文庫,1975]
その他)、岩倉が暗躍していたのは、忘れただけかもしれないけど、記憶にないな^_^; 久々に登場した
河上彦斎の顏が何か違うなぁと思ったら、前回登場した時と比べると本巻では眉が太く描かれてる^_^;
なお、下記サイトだと「無位無官」が間違いであると記されてるが、大辞林の方が誤ってるのかな^_^;

http://partnersai.blog88.fc2.com/blog-entry-1452.html

放映当時は全く印象に無かったが、今見ると「死ね死ね団」の女性幹部役を演じた高樹蓉子が良い^_^;
タグ:漫画 言語 歴史
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。