So-net無料ブログ作成
検索選択

170123読んだ本

司馬遼太郎『国盗り物語 前編』を意識しながら一滴もこぼさず湯タンポにお湯を入れてる( ̄^ ̄)エヘン

【読んだ本】

小林信彦『アイドル女優に乾杯!~本音を申せば⑩』(文春文庫,2017)所蔵本

「スティーヴン・キングと原発」は、『呪われた町』&『シャイニング』の両映画に触れた後、「今度、
文春文庫の一冊として送られてきた」『ビッグ・ドライバー』に収録されてる「ビッグ・ドライバー」と
「素晴しき結婚生活」という二つの中編小説を紹介する(^^) なお、表題は、キングのインタビュー集の
ティム・アンダーウッド&チャック・ミラー編『悪夢の種子』リブロポートに拠ってる^_^; 「モームと
グリーンの謎」は、行方昭夫『モームの謎』岩波現代文庫を取り上げ、サマーセット・モームとグレアム・
グリーンの話も、映画化作品の話が多い^_^; 〈常識的にいえば、「人間の絆」と「月と六ペンス」、
それからモームが長編より自信を持っていた「雨」、「アシェンデン」(自分のスパイ体験をとり入れた
短篇集)あたりを読めばいいと思う。〉_φ( ̄^ ̄ )メモメモ 「一読に値する」と推奨するグリーンに関し、
「余計なことを書けば、この人は若いころ映画評論家で、スパイをしていたこともある。〈エンタテイン
メント〉という言葉はこの人から出たので、自作を〈エンタテインメント〉と〈本格派小説〉に分けて
いたのは有名だが、小説が二つにくっきり区別されるかどうかはわからない。」__φ( ̄^ ̄ )メモメモ
この辺は『小説世界のロビンソン』(新潮文庫,1992)で詳論かな(..) 以上2篇は2013年5月中旬分まで(^^)

松本清張『長編推理小説 雑草群落(上) 松本清張プレミアム・ミステリー』(光文社文庫,2014)

メトロ車内にあった出版広告に「世界230万部のベストセラー」とあったが、チトしょぼくないか^_^;
タグ:評論 随筆
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。