So-net無料ブログ作成

170128読んだ本

漫画に対して出版社などが授与する賞はまだ連載が続いている未完結の作品を対象にしてる不可解さを、
関川夏央だったかが指摘していてナルホドと思ったことが(..) 受賞後に期待外れな結末に終わった作品
(例えば、浦沢直樹『МОNSTER』← 個人の感想ですm(__)m)も現にある^_^; 漫画の賞の受賞歴は
選書の基準にならないね^_^; 昨夜、寝床で久しぶりに読切を数篇読んだ後、純文学の作品にも優るとも
劣らない余情が残ったけど、そんな名作を量産した作者なのに受賞経験がない事実には流石に憮然(-_-)
山田貴敏がその「流麗で速い執筆に驚愕した」話を山本貴嗣が紹介してたけど、漫勉で視たかった(;_;)

【読んだ本】

小林信彦『アイドル女優に乾杯!~本音を申せば⑩』(文春文庫,2017)所蔵本

「DVD探しとウディ・アレン伝」では、イーリア・カザン監督の「ベビイドール」「草原の輝き」の話が
前者で、後者はジョン・バクスター『ウディ・アレン バイオグラフィー』作品社を取り上げてるが、
前回もそうだが、本書はウディ・アレンの話が結構多い(^^) 次の〈宮崎駿の「風立ちぬ」とナタリー・
ウッド〉では、ウッドは「草原の輝き」の話の続きで、あとは表題の通りでメモるほどの内容はない^_^;

窪田空穂『完本新古今和歌集評釈』上(東京堂出版,1964)所蔵本

松本清張『長編推理小説 雑草群落(上) 松本清張プレミアム・ミステリー』(光文社文庫,2014)

本を読む暇はないけれど、クリスマスローズは今年も咲いてくれそう(^^)
タグ:評論 随筆
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0