So-net無料ブログ作成
検索選択

170220読んだ本

ロッテ・カラメルとろ~りこだわり卵のプリンアイスバーをお腹いっぱいになるぐらい食べたい(^^)
栗を贅沢に使ったスプーンいらずのモンブランアイスバーが今日寄ったコンビニにはなくて残念(..)
電車も停まったほどの強風だったけど、例によって歩いて街へ向かったら、途中の桜は既に満開(^^)
保険屋さんを訪ねた後、確定申告も済ませる予定だったけど、昨日予習できなかったのでスルー(+_+)
夕方から予報通り降り出して風もあったから、ブックオフを廻らずに帰路についたのは正解だった^_^;

【読んだ本】

片桐洋一『歌枕 歌ことば辞典 増訂版』(笠間書院,1999)所蔵本

ホントは新古今集や古今集の各注釈書をのんびり味わいたいが時間ナシ(+_+) でも、やっと購入した
本書の摘み読みが精一杯の状況(;_;) 本書の「かり【雁】」の項に、〈「春来れば雁帰るなり白雲の
道ゆきぶりにことやつてまし」(古今集・春上・読人不知)〉とあるけど、古今集歌番号30の同歌の
作者は奥村恆哉校注『新潮日本古典集成 古今和歌集』(新潮社,1978)や西村亨『王朝びとの四季』
(講談社学術文庫,1979)は勿論、片桐洋一御自身による『原文&現代語訳シリーズ 古今和歌集』
(笠間書院,2005)も「凡河内躬恒」だぞ^_^; 小生が購入した本書は既に「第五刷」なのにね(+_+)
本書には版元宛の「料金受取人払郵便」のハガキが挟まっているはずなのに誰も指摘しないのか(-_-)

竹田裕子『一〇〇万回言っても、言い足りないけど ジャーナリスト竹田圭吾を見送って』(新潮社,2016)

次々と雑用が入ってくる(;_;)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0