So-net無料ブログ作成
検索選択

170225読んだ本&買った本

みゅしゃ、みゅしゃ、みゅしゃ、みゅしゃ、がんぷく、がんぷく(^^) いつのまにか、もう一つの鉢の
クリスマスローズも蕾が膨らんでた(^^) いま満開の鉢のとは色が違うから、たのしみ、たのしみ(^^)

百目鬼恭三郎『奇談の時代』(朝日文庫,1981)所蔵本

永井路子『頼朝の世界』(中公文庫,1982)所蔵本

村山修一『藤原定家』(吉川弘文館人物叢書,1962→1989新装版)

竹田裕子『一〇〇万回言っても、言い足りないけど ジャーナリスト竹田圭吾を見送って』(新潮社,2016)

【買った本】

芸術新潮2017年3月号

第2特集〈山陰の「写真の神様」塩谷定好〉は興味持てなかったが、同特集に「見学記」を寄稿した
藤野可織による写真の方が小生には魅力的m(__)m 特集「秘められたミュシャ~パリで咲かせた華、
スラヴに見つけた星」はメチャいいな(^^) 「スラヴ叙事詩」全20点が揃って展示されるのは今回が
2回目という貴重性より何より、超魅力的な作品群じゃあ~りませんか(゚ロ゚;) 這ってでも観に行き、
死んでも図録も買うぞ(^^) でも、それぞれの作品に主題についての解説が付されてるけど、チェコ
を始めスラヴ系の国々の歴史について基礎知識があった方が良さそう(..) 同特集の「主要参考文献」
を眺めてみたが、その末尾に「取材協力 NHKプロモーション・・・」とあり、イヤ~な予感(+_+)
「プラハ特別取材《スラヴ叙事詩》全点撮り下ろし!!」とあるからか(..) 毎度のことだが、NHK
が大々的に宣伝することで行列になったらイヤだな(+_+) 去年の若冲展の超大行列の悪夢が・・・(T_T)

連日寝不足(+_+) あと数日もすれば本を一冊ぐらいは注文できるようになる^_^;
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。