So-net無料ブログ作成
検索選択

170421読んだ本

GWのブックオフ・セールでの無駄遣いを悔いた昨年の記事を毎日閲覧する臥薪嘗胆作戦開始(+_+)
マジで金が無いから今月末期限のポイントを使い半額以下で文庫本を1冊買う程度しか余裕ないけど
買う価値あるのか確認するため目当ての本を図書館で確認したくても寝不足で体調悪く行けぬ(+_+)
その上マジで時間の無駄としか言いようがない文書を作成提出せねばならなくなったこともあって
二条院讃岐の新古今集入集歌を休憩時に各注釈書で読み比べるのが最近の日課なのに今日は1首(+_+)

【読んだ本】

駒田信二『世界の悪女たち』(文春文庫,1985)所蔵本

「北条政子」を読んだ(^^) 「稗史には、・・・」として品のないアホなことを紹介しているけど、
ソレを基にして〈しかし頼朝はその後も政子がみごもるたびに妾を置き、政子を嫉妬にくるわせた。
「ずぶ濡れ」になる女だけに、嫉妬も人一倍強かったのであろう。〉だとさ^_^; 細かいことだが、
「平治の乱(一一五九)のとき、平清盛は、敗れて東国へ逃げる源義朝を追討って殺したが、その
三人の子、頼朝・範頼・義経は、捕えたものの、命を奪うことはしなかった。」との記述は疑問(..)
範頼について「父・義朝が敗死した平治の乱では存在を確認されず、出生地の遠江国蒲御厨で密かに
養われ、養父の藤原範季が東国の受領を歴任する応保元年(1161年)以降、範季の保護を受けたと
考えられる。」とwikiも記しているじゃん(+_+) 清盛が範頼を「捕えた」という話は知らんなぁ^_^;

2通作成し印刷も用紙にピッタリ嵌まったから寝床での読書再開か(^^)v でも寝不足だからなぁ^_^;
タグ:列伝
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: