So-net無料ブログ作成

170506読んだ本

同じボーズ頭でも本物は間違えられないよう頭頂部を長めにして濃く見せてる(゚o゚;) 何とかって?
ハゲ(._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; )ハゲを舐めるな!「そう ハ・ゲは知識のしるしなんだ ファッションさ!
そー サイエンス ファッション[SF]なんだ!」と塩野陽平が岡野玲子『ファンシイ ダンス③』
(小学館PFビッグコミックス,1987)で( ̄^ ̄) 「LSIチップがうめこまれている」痕の由^_^;

【読んだ本】

駒田信二『世界の悪女たち』(文春文庫,1985)所蔵本

昨夜は何故か寝付けず睡眠時間が4時間も無かったけど、今日は七回忌法要で遺影とかお菓子とか
荷物を持ってタクシーで寺へ行って来た^_^; それなのに帰宅してから読んだ一篇が、ふしだらで
毒殺常習者だった「ブランヴィリエ侯爵夫人」なのはいかがなものだろうか(..) 言うまでもなく
澁澤龍彦『世界悪女物語』(河出文庫,1982)所収のソレの剽窃っぽい^_^; 駒田の方には出てない
情報が澁澤の方には色々と出ていて興味深い(^^) 澁澤によると、「ディクスン・カーの探偵小説
『火刑法廷』に、このブランヴィリエ夫人のエピソードが巧みに採り入れられているから、興味の
ある方は読んでごらんになるとよい。」(^^) その他にも、ホフマンの小説『スキュデリー嬢』や
デュマが取り上げてるみたい(^^) にしても駒田も文藝春秋もこんなパクリ本よく出したよね(..)
本書あるいは原本の単行本を出した時に誰も指摘しなかったのかしら(@_@;) 不思議だわね(..)

あふれ出すばかり(THEATRE BROOK)とアステロイド・ブルース(増田直美)は甲乙つけがたい^_^;

[追記170506]

〈なお、原作は「ファンシィダンス」であるが、映画版のタイトルは「ファンシイダンス」と
「イ」の字の大きさが異なる。〉とwikiにあるが、原作の漫画で「イ」が小さいのは文庫版で、
その元の単行本の「イ」が大きいことは、それぞれの各巻表紙を画像検索で見れば一目瞭然^_^;
タグ:漫画 列伝
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0