So-net無料ブログ作成
検索選択

170113読んだ本

昨夜T-falで入れた湯タンポを朝起きた後も膝に乗せマウス操作も左手にしてシモヤケ右手ぬくぬく(^^)
昨夜も寝床で本を読む気にならず御厨さと美『黄金結社』(双葉社アクション・コミックス,1981)^_^;
新聞広告で松本清張の『風の視線』を見て別ブログを確認すると既読リストに入っていてメチャ高評価
なのだが、何故なんだろう(@_@;) wikiであらすじ等を読んでも全く内容とか思い出せないのに(-_-)
銀行、郵便局、図書館、税務署と廻る(+_+) 図書館は更新手続したけど、目当ての本は上巻だけ欠落で、
読みたい部分は上巻と判明したので、大学図書館で調べるしかないが、書庫から出して貰うの億劫(+_+)
予約本はまだだし折角なんで清張の既読の借りた^_^; ブックオフは頼まれた宮本輝を1割引きで購入(^^)
華国鋒が1980年に中国首相として初来日と朝日朝刊は再三書いてるけど党主席でもあったから違和感^_^;

【読んだ本】

山本容朗『作家の生態学[エコロジー]』(文春文庫,1985)所蔵本

「有吉佐和子」も興味深い一篇(^^) 〈〝才女時代〟――これもなつかしいフレーズになってしまった。
しかし、当時、有吉と曾野[綾子]はあまり仲がよくないという噂であった。/有吉は曾野と比較され、
ライバルに見たてられると、イヤな顔をしていったものだ。/「あのひとと私はライバルじゃありません。
作風も、文学についての理想もまったく違うのですもの」/ある時、『文学界』が、曾野に有吉論を、
有吉に曾野論をおたがいに書かせようと企画したことがあった。曾野は「有吉佐和子さんのこと」を
書いたが、有吉はついに書かなかった。/曾野の文は、かなり皮肉なもので、男の作家なら、とうてい
書けないような、女の意地悪な眼を感じた――と十返肇がいっていた。/有吉は、これを読んで、一晩
眠れなかったそうだ。この話も、十返から聞いたのだから、ウソかマコトか、わからない。〉とか^_^;

手嶋龍一『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師~インテリジェンス畸人伝』(マガジンハウス,2016)所蔵本

12月より雑用多い(..) T-falは2.6リットルとなると4回もかかるから電気代心配(..) 蒼国来に土(..)
タグ:評論
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: