So-net無料ブログ作成
検索選択

170201読んだ本

~゜・_・゜~ 月が代わって、お買い物よっ!・・・とコスプレして啖呵を切りたいが我慢、我慢(..)
今すっごく欲しい本、読みたい本が1冊あるんだけど、先月買い過ぎたから春まで買う余裕がない(;_;)

【読んだ本】

萩尾望都『王妃マルゴ⑤』(集英社愛蔵版コミックス,2017)所蔵本

相変わらずの読み応えある力作で、やっと読み終った(^^) まんぞくまんぞくⒸ池波正太郎(^^) でも、
「ちょっと、一言いいですか?」(._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; )ホントは好きなんだろっバシッ! 作画崩壊してね?
キャラの顏とか手抜きが多い感じだし、主人公の表情ですら10頁4コマ目はヘンだろう(゚ロ゚;) あの漫勉は
何だったんだ(..) それに105頁3コマ目のアンリエットとカトラの両者の位置関係が逆だよね(..) 177頁の
アンリエットの「乳母?」という台詞も不自然だし^_^; 88頁に「アグリッパ・ドーピニェ」(ママ)なる
「詩人」が初登場し、下品な詩を歌う道化役として描かれてるけど、アグリッパ・ドービニェのこと
だよね^_^; メリメ『シャルル九世年代記』(岩波文庫,1952)は「ドーピーニェ」に〈フランスの詩人兼
風刺作家にして「萬國史」の著者。(一五五二―一六三〇)〉と註し、アンドレ・モロワ『フランス史』
(新潮文庫,1956)上巻は8歳のアグリッパ・ドービニェを登場させて、「長じて歴史家、作家となり、又
ユグノー派の一首領となった」と註(..) モロワの訳者に中村真一郎と山上正太郎が名を連ねてることに
気付いた^_^; 「あとがき」に「・・・全篇の歴史上の事項について山上正太郎が協力しました。」(^^)

松本清張『恋愛サスペンス 風の視線(上) 松本清張プレミアム・ミステリー』(光文社文庫,2017)

読売新聞30日朝刊一面記事「読解力が危ない① 問題文が理解できない」は全く笑えないのだが(+_+)
タグ:漫画 歴史
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック