So-net無料ブログ作成

170202読んだ本

作画崩壊してても観る者を感動させて止まない名シーンも勿論あるわけで(車窓を開けて身を乗り出した
メーテルのアップはきれいに描かれてるけど。また声優に加え、りんたろう監督も評価すべきでは?)、
何度観ても涙が止まらない(;_;) 南勝久『ナニワトモアレ⑪』(講談社ヤンマガKC,2003)においても
故ハジメの車のハンドルのはずし方をチカちゃんに「ていねいに教えてくれる」「解体屋のオヤジ」の顏
のアップのコマまで読み進めると同じように涙をこらえきれないわけで、画はあまり関係ないかも(T_T)

【読んだ本】

小林信彦『アイドル女優に乾杯!~本音を申せば⑩』(文春文庫,2017)所蔵本

「たまには楽しい日々もあるさ」は、「あまちゃん」の小泉今日子&薬師丸ひろ子の昔話から松田優作の
思い出、加えて、真木よう子、更には、安田南の話(^^) 「大事故は収束するのか?」は表題の通りも、
最後に、ピーター・ハンソン『「ローマの休日」を仕掛けた男 不屈の映画人ダルトン・トランボ』中央
公論新社の話となって、〈「ローマの休日」の脚本もトランボだったと知ったときは驚いたものだ。〉と
あったけど、たしかにびっくり(゚ロ゚;) 伊藤智義(作)森田信吾(画)『栄光なき天才たち①』(集英社
ヤングジャンプ・コミックス,1987)の第8話が「ドルトン・トランボ」なんだけど、不思議なのは、同書
巻末にある「参考文献」リストに、トランボに関連しそうなそれらしき文献が挙げられていないこと(..)
当時トランボを取り上げた映画でも公開されてたのかしら(@_@) 以上で2013年7月分まで読み終えた^_^;

窪田空穂『完本新古今和歌集評釈』上(東京堂出版,1964)所蔵本

小山順子『藤原良経 コレクション日本歌人選 027』(笠間書院,2012)

松本清張『恋愛サスペンス 風の視線(上) 松本清張プレミアム・ミステリー』(光文社文庫,2017)

今年は悩まず採点終了^_^; やるべきことまだあるし、一安心して本を買わないよう気を付けなきゃ(..)
タグ:評論 随筆
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: