So-net無料ブログ作成
検索選択

170218読んだ本&買った本

良い子のみんな~! この本は、おにいさんのマネして買っちゃ、ぜったいダメだぉ~!!o((≧∀≦))o!!

【読んだ本】

駒田信二『漢詩名句 はなしの話』(文春文庫,1982)所蔵本

竹田裕子『一〇〇万回言っても、言い足りないけど ジャーナリスト竹田圭吾を見送って』(新潮社,2016)

【買った本】

久保田淳訳注『新古今和歌集』下(角川ソフィア文庫,2007)

毎日マメにクイズに答えていたらポイントが貯まってクーポンと併せるとタダになったのでネットで
注文しちまったぜ(+_+) キミだけに、そぉ~と教えちゃうけど、この本はネット書店で買っちゃダメ、
てゆーか、リアル書店の棚にあっても、ダメよ~ダメダメ、絶対に買ってはいけない本なのさ(-_-メ)
何故って? 久保田淳『新古今和歌集全注釈 六』(角川学芸出版,2012)の「あとがき」に「・・・
平成十九年三月、角川文庫版『新古今和歌集』上・下の刊行を見た。以後はこの文庫本を土台として、
旧著[講談社から刊行の『新古今和歌集全評釈』全九巻]の改訂作業を進めた。その過程で気付いた
ことは、文庫本が版を重ねる際にできるだけ反映させるように努めている。」とある上、本書上巻で
久保田淳は「改めて注釈にはおわりがないことを痛感している」と記してたから油断できない(゚ロ゚;)
前に「また、つまらぬ物を読んでしまったorz」で、島津忠夫訳注『新版 百人一首』(角川ソフィア
文庫,1999)を検証したけど、「版[角川文庫では「版」を「刷」の意でも使用]を重ねる」ごとに
あんな細かく修正されたら愛読者でもフォロー不可能(+_+) そもそも自分が買ったのが最新版なのか
分からないし、買うことが増刷=重版への一助となって自分のが古くなっちゃうかもしれない(゚ロ゚;)
買うバカ、推奨するバカ、教科書に指定するバカ・・・どいつもこいつもバカバカばかりでゲス(-"-)
その飽くなき探究心には心から敬意を表するし、研究者の鑑として見習わなきゃとマジ思ってるけど、
良心的な研究者であろうとすることは、愛読者にとっては傍迷惑な自己満足にすぎないのかもね(..)
んにゃ、ド素人でも気付くミスや学識を疑う記述満載の某屑本よりマシヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!

またコツコツとポイント貯めなきゃ(..) もう一つの鉢のクリスマスローズが咲かない(..)
タグ:古典 和歌
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: