So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ
前の10件 | -

170324読んだ本

いい加減なこと書くなよと当人のブログにコメントしようかと考えたけど、いいね!が多いとはいえ
社会的影響力あるブログとも思えず止めた^_^; 思い付いたことを書いて楽しんでおられるようだが、
ヤフーで検索すると最上位に出てきたので、ちょっと、一言いいですか?(._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; )マタソレカ

【読んだ本】

久保田淳『新古今和歌集全注釈 五』(角川学芸出版,2012)所蔵本

貧乏暇なしも寸暇があれば、お気に入りの歌を各注釈書でチェックしてる(^^) 藤原良経の新古今集の
歌番号1667(1665の本も)「忘れじの人だに訪はぬ山路かな桜は雪に降りかはれども」もその一つ(^^)
本書は「歌意」を「忘れまいと約束した人でさえ訪れようとしない山路だなぁ。春の桜が冬の雪と、
降るものは変わって、一年が過ぎようとしているのに・・・・・・。」としてる(^^) 〈「忘れじの人」
という句に、かすかに恋めいた情趣を漂わせている。〉と「鑑賞」で指摘するが、新古今集の撰者らは
同歌を恋歌とせず雑歌に入れた(^^) 窪田空穂『完本新古今和歌集評釈』下巻(東京堂出版,1965)は、
「我を忘れまいといった人さえも、訪うては来ないわが山家であるよ。桜が雪と降る春の別れから、
それがまことの雪に降り変わる冬になっても。」と、恋のニュアンスも感じられる「釈」だけど^_^;
この歌は下の句が肝だと思うんだよね(^^) 窪田は(何故か「桜に雪は降り変れども」となってるが)
〈・・・加えて、落花の譬喩の雪とまことの雪とを「降り変る」という語で、総合しているところ、
いずれも巧みである。〉と「評」してるし、石田吉貞『新古今和歌集全註解』(有精堂出版,1960)も
〈「春から冬に時節は變わったけれど」という意を眼前霏々と散る落花と白雪とを以て客観的・具象的
に描いたところに、新古今風の一面が見られる。〉と「釋」に(^^) でも、久保田淳の本書によれば、
〈「桜は雪に降りかはれども」という句は美しいが、これは「参考歌」として引いた定家の歌[こと
ゝはで契しみちもたえにけり桜の雪にふりかはるまで]に負うのであろう。〉^_^; 良経のを検索したら
ブログ「団塊世代の寝言~退職したお父んのつぶやき・・・」の2016年1月11日の記事がヒットし、
〈一見、「恋歌」のように見えるが、これは良経(摂政太政大臣)と藤原定家との情交を詠ったもの
で、「忘れじの人」は定家を差[ママ]す。〉とあり、へぇ~(゚o゚;) 全く知らなかった解釈だけど、
どなたの説なのかしら(@_@) ただ、この歌の「撰者名注記」は有家、定家、家隆ゆえ、約束を違えて
1年も訪ねなかった不実をも詠んでいる歌を詠まれた本人が選ぶというのは強心臓だし、有家と家隆も
そんな作歌事情を知りながら選んだのなら人が悪いね^_^; しかも、久保田淳校注『新潮日本古典集成
新古今和歌集』上巻(新潮社,1979)の言葉を借りれば、定家は九条家の「家司のごとき役割を勤め」
てるはずなのに良経を1年も訪ねないというのは不審(@_@) と思っていたら、同記事は〈「山路」は
ここでは人の道、儘ならぬ人と人との軋轢、人事、微妙な政治的意味合いが込められているのだろう。
摂政太政大臣という要職にあった良経としては、いろんな意味で、自由な交際は出来かねた、という
現実が「山路」という呻き声となって表白されている。〉と(゚o゚;) つまり、定家の不実というより、
良経が「摂政太政大臣という要職にあった」ことにあると(゚o゚;) 良経は建仁2年(1202年)に摂政に、
元久元年(1204年)に更に太政大臣に任ぜられ、元久3年(1206年)3月7日に急死したから、この歌が
詠まれてる時期はメチャ限られていて、良経の日記「殿記」と定家の日記「明月記」とを照合すれば、
定家が良経を1年も訪ねなかった期間も判るわけだ(^^)v でも、久保田淳『新古今和歌集全注釈 一』
(角川学芸出版,2011)からの孫引きだけど、良経が執筆した新古今和歌集の仮名序の草稿が完成した
(新古今集の竟宴後の)元久2年(1205年)3月29日に関し「明月記」の同日の条に「廿九日、天晴、
・・・次参殿下。・・・又仮名序草賜見之。・・・」とあって、良経に会った上で、仮名序の草稿を
定家は見せて貰ってると思われるが(..) そもそも、この良経の歌は、〈「正治二年院初度百首」の
「山家」の題詠。〉と、この記事も書いているように、正治2年(1200年)に詠まれた歌じゃん(-"-)
〈摂政太政大臣という要職にあった良経としては、いろんな意味で、自由な交際は出来かねた、という
現実が「山路」という呻き声となって表白されている。〉なんて、どっから導き出せるのかしら(-"-)
記事冒頭の「忘れじの人だに問わぬ山路かな桜は雪に降り変われども」という仮名遣いも恥しいし、
〈これは良経(摂政太政大臣)と藤原定家との情交を詠ったもので、「忘れじの人」は定家を差す。〉
も、ちゃんとした文献上の根拠があるのか怪しく思えてきた(..) 文字通り「団塊の世代の寝言」^_^;

この記事を「また、つまらぬ物を読んでしまったorz」にアップしてれば広告も消せたじゃんかorz
タグ:古典 和歌
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170323読んだ本

「春眠暁を覚えず」だと? 年のせいか季節に関係なく夜明け前に目が覚めちゃう(;_;) 慢性寝不足(+_+)
両ブログともレイアウトが崩れた原因と思しき3文字を2月6日以降の記事から昨夜削除したがダメ(+_+)

【読んだ本】

駒田信二『漢詩名句 はなしの話』(文春文庫,1982)所蔵本

大ベストセラーだけど間違いも指摘(谷沢永一『紙つぶて 自作自注最終版』[文藝春秋,2005]が紹介
してて「吉川幸次郎には唐詩の読解力がないのみならず、注釈書を参照する気もなく、一般に流布して
いる辞書も引かない。それで学者面は何と厚顏しい。」と容赦ない)されてる、吉川幸次郎&三好達治
『新唐詩選』(岩波新書,1952)で、孟浩然の「春暁」を鑑賞^_^; その第四句を「花落つること知んぬ
多少ぞ」と訳して、〈最後の句の「知多少」は、多少[いかほど]なるを知らんや、従って実は「不知
多少」、多少[いかほど]なるを知らず、の意である。ある解釈には多少とは多きことといい、たくさん
散りしいたであろうと説いているが、そうではない。〉と解説(@_@) これに対して、本書は〈「知んぬ
多少ぞ」という言い方は日本語としておかしい。〉とし、「多少」という語句を用いた杜牧の詩を例に
引いて、この〈「多少」の「少」は添え字であって、意味を持たないのである。「多少の」が「多くの」
という意味であることは、この詩の場合、明らかであろう。/勿論、「多少」には「どれほど」という
意味もある。だが「どれほど」というのは「どれほど多くの」ということであって、「どれほど少なく
の」ということではない。〉とし、〈・・・私は「春暁」の結句を「花落ること多少[たしょう]なる
を知る」と読んだのだが、いっそのこと「花落ること多少[おおき]を知る」と読んだ方がよいかも
しれないと思っている。〉___φ( ̄^ ̄ )メモメモ そして、〈「春眠暁を覚えず」という言葉は、一般には
春のうららかさ、のどかさをあらわす言葉として使われているが、原詩では、のどかな眠りのむこう側
に、悔いの気持ちもふくまれているのである。―――そういえば昨夜[ゆうべ]はずっと雨風の音が
していたが、さぞかし花がたくさん散ってしまったことだろう、という咏歎のなかにそれがあらわれて
いる。「花落ること知んぬ多少ぞ」という気取った口調では、それが感じ取れないのではなかろうか。〉
と〆る(^^) 関係ないが、「ちよつと気取つて書け」は丸谷才一『文章読本』(中公文庫,1980)^_^;

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

更新してないから昨日から広告が出っちゃってるけど、どうしたもんかね(..) てるる、強ぇ~(゚o゚;)
タグ:中国 古典
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170322読んだ本&買った本

書名を読み上げるとセクハラになりかねない〈例の本〉は予約しても借りられるの早くて2年後(゚ロ゚;)
昨年末に予約した本の順番が廻って来たので図書館に行って来た(^^) ブックオフも久しぶりかな^_^;

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

昨日は駒田信二「河間の女」『世界の悪女たち』(文春文庫,1985)で、〈例の本〉についての記事も
朝日新聞夕刊で読んだ後に、本書の「菊畠」という一篇を読むという流れは、出来すぎのような^_^;
ストーリーは幾つかの筋が並行しながら結末へと流れ込むのだけど、「かたき持ち」の話、夫婦間の
性的悩みの話に加え、「固くてこまっている産婦の家を廻って、乳首の口をあける」という「口あけ屋
という商売」は実在したのかしら(@_@) しかも、「産婦の乳を補強に飲み、年とはちぐはぐな若さを
肌の色艶にたもっている老人[ ← ♂ ]」にラクトフェリンを連想^_^; ただ、真面目に読み込むと、
きわめて現代的、てゆーか今のトピックスを考えさせる作品(^^) 備忘録的に「臭水[くさみず]」は
星野之宣『宗像教授異考録』第八集(小学館ビッグコミックススペシャル,2008)____φ( ̄^ ̄ )メモメモ

石ノ森章太郎『イナズマン②』(МF文庫,2002)所蔵本

巻末の平山亨(TVドラマ「イナズマン」プロデューサー)へのインタヴューに、「こうして土曜日
7時半から8時の『仮面ライダー』に続けて、8時から8時半まで『キカイダー』。8時半から9時までを
永井豪先生の人気漫画『デビルマン』のアニメで、豪華縦割りアクションラインが完成し、それまで
やられっ放しだった恐怖の裏番組『8時だよ!全員集合』と並ぶところまで行って、・・・」(゚o゚;)

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

【買った本】

永井路子『今日に生きる万葉』(文春文庫,1989)

今月末期限だとはいえ1割引き券を108円のを買うのに使うなんて買い物が下手なことに気付いた(+_+)
目当てのが無くて「ショコラ生チョコ仕立て」(タカオカ)を買ったのも失敗だった気がしてる(+_+)

新しくなった濡れ縁の上に早速ネコの足跡が^_^;
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170321読んだ本

[左斜め下]児玉清に「緑の方、連続正解! 9番に続いて、10番の窓に飛び込んだ!」と言ってもらいたい(..)

【読んだ本】

駒田信二『世界の悪女たち』(文春文庫,1985)所蔵本

早急にやらなきゃならぬことある上、メチャ身体ダル重で本読む気になれず(+_+) どーにかこーにか
「河間の女」という一篇だけ読んだ(+_+) 「貞女のかがみ」だったのに、「夫の一族の者のなかで
日ごろよからぬ行いをしている連中」の罠に掛かって、「希代の淫婦」へとコペルニクス的転回(?)
を遂げた女性の話という、ほとんど内容はエロ小説だが、「悪女」と呼ぶのは気の毒かと思うぞ(+_+)
本家ブログで取り上げた『中国妖女伝』(旺文社文庫,1985)は、「河間」という2頁ちょいの小品で、
柳宗元『河間伝』にも言及(..) 本書の「孟光」に関して、同書に「荊妻」なる一篇_φ( ̄^ ̄ )メモメモ

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

雨樋が直ってないのを今日再確認(..) SEEDの先週の新OPからニコルが消えたのは露骨すぎ(;_;)
タグ:中国 列伝
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170320読んだ本

「振り返れば奴がいる」(゚o゚;) 小生がnice!した記事に、たいてい同じ人がnice!してるんだけど、
テイストが同じ・・・なわけねーだろ^_^; 誰彼構わずnice!していると誤解されるのは嫌だな(+_+)

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

春季彼岸法会なので寺&お墓まで蜿蜒たる尾根道を歩いて往復したけど、今日は愛想のいい猫も居ず、
鳥もウチで見掛けるのばかりだったので、道中ひたすら本書の一篇「偐紫楼の秋」を読み耽った(^^)
「げんじろう」と読む、その表題から既にネタバレしてるので書くけど、主人公は柳亭種彦で、その
半生を描いた歴史小説(^^) 登場するのは、歌川国安、山東京山、為永春水、式亭小三馬、瀬川路考、
坂東三津五郎、歌川国貞、笠亭仙果、柳下亭種員などで、いかにも小生好みの作品で、面白かったし、
張り巡らされた伏線もきっちり回収するストーリー展開も良い(^^) 柳亭種彦は「六樹園・石川雅望に
つき、国学の泰斗・加藤宇万伎にも師事し」た由、この加藤は「賀茂真淵門下で、四天王のひとりと
いわれた国学者」で、種彦の妻の祖父(^^) 「種彦」の謂れが、「古今集の序」にあったとはね(゚o゚;)
そんな「古典の素養」を活かせる、本来の居場所を『偐紫田舎源氏』で見出せてホント良かった(^^)
書斎に「愛雀軒」という扁額を掛け、雀の群れに生米をまいてやるのを日課とし、「古本あさり」を
楽しみとした種彦とは馬が合いそう^_^; さてさて、守随憲治校訂の同書(岩波文庫,1953年)だが、
学生時代に中巻と下巻を新刊で購入したっきり、上巻が欠けていることもあって、読むことはなく、
とっくにナントカ紙は破れて取れちゃってて、本棚で朽ちてた(;_;) ウチの書庫は本の墓場だな(+_+)

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

午後は久々にブックオフに行きたかったが寝不足に加え既に疲れてしまって街まで歩く気力なし(+_+)
タグ:小説 歴史
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170319読んだ本

「野犬」は「やけん」と読むのに対して、「野猫」は「のねこ」と読むらしい____φ( ̄^ ̄ )メモメモ

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

表題作の一篇を読んだ(^^) 「刀に訴えても、受けたはずかしめはそそがねばな」らない「武士社会の
常識」、加えて「世間への義理、継母への義理」という「武家家庭の規範」がテーマの時代小説ゆえ、
なかなか感情移入しにくいストーリーだけど、そこは杉本苑子らしく、キャラ設定と目紛しい展開で
一気に読み終えちゃった(^^) 結末(短刀が命中)はリアリティに欠けるというか無理がある気も^_^;
ネタバレしないよう書くと、この通りなんだが、後でコレ読んでも、あらすじ思い出せないかも(..)
昨夜は『イナズマン①』を寝床で読んだが、『番長惑星』とか『買厄懸場帖 九頭竜』もそうだけど、
石ノ森章太郎作品はヒロインなど女性キャラが魅力的(^^) 手塚治虫だと和登さんしか思い付かん^_^;
例えば、芸術新潮2008年11月号の「特集 生誕80周年記念 手塚治虫を知るためのQ&A 100」の中の
森重良太(選+文)「手塚治虫キャラクター名鑑100」を見ても、そもそも女性キャラが少ない(@_@)

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

今朝は庭で啄んでるシジュウカラとメジロを眺めてた(^^) 実家の新しくなった濡れ縁はいいな(^^)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170318読んだ本

貫地谷しほり好きだけどやはり桜井淳子と菅井きんの掛け合いを視たかった(..) 原作の「洋子」は
外見はさえないしウブな「おみやさん」を小悪魔的に誘惑してからかったりするから面白かった^_^;
飛ばされた後の某先生と飲んだ際に首相からのメールを見せられたが興味なかったので読まなかった
ことを思い出した(..) 異動の内示に不満を懐き史上初となる現職首相の視察という一大花火を最後に
打ち上げたのも個人的人脈を梃子に実現まで漕ぎ着けたんだろうけど今となっては全てが夢の跡(..)

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

「椎の葉便り」という一篇を読んだ(^^) 彫金師の主人公と親友の売れない絵師とのドタバタが面白く、
「一方の運が悪く、逆に一方の運がよくなる偶然が重な」るストーリー展開は何とも可笑しかった^_^;
主人公は百科事典に載る実在した装剣金工師で、親友はwikiにもある超有名な実在の絵師であることが
最後に判明も、そのチト変わった名前の絵師のことは『はみだし人間の系譜』(中公文庫,1996)でも
取り上げられていたのは憶えていた(^^) 「別件逮捕の島流し」と題した回で、そこで明かされていた
「三宅島への配流の原因」の「真相」は、本作品とは異なるし、紹介された逸話から窺い知れる性格も
本作品のとはまるで別人のよう(゚ロ゚;) 「足かけ十二年に及ぶ島ぐらし」の結果なのかもしらんが^_^;

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

一年前の今日の記事に「体年齢=実年齢-17。」(゚o゚;)ナンデスト? 今日から腹筋&腕立てを再開(+_+)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170317読んだ本&買った本

ベタだけど「しあわせナッツ」(アーモンド)食べる幸せ(^^) スイーツじゃないけど_φ( ̄^ ̄ )メモメモ

【読んだ本】

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

【買った本】

角田喜久雄『振袖地獄』(春陽文庫,1990改装版)

いずれドカーンと高い本を買うため今月はポイントを使いたくない一方、僅かとはいえ今月末までの
期間限定ポイントがあるため、貧乏人としては悩ましい問題(..) 期間限定ポイントだけを使っても、
258円以下にはなるので購入(..) 取り立てて欲しかった本じゃないけど、他の選択肢がなかった(..)
角田喜久雄は今のとこハズレがないから、読み始めれば、いい買い物をしたと思うだろうけどね^_^;

久保田淳校注『新潮日本古典集成 新古今和歌集』下(新潮社,1979)

購入は来月の予定だったけど、半額以下になるまでポイントも貯まったので我慢できず購入した(..)
久保田淳『新古今和歌集全注釈』(角川学芸出版,2011-12)全六巻を既に所蔵しているのに、古くて
「語釈」も物足りない本書を買った理由は、本書の上巻を拾い読みした限り、本書にしか出ていない
指摘があることと「和歌の現代語訳」は本書が一番しっくりくる気がするから(^^) そう感じたのは、
「和歌の現代語訳」に費やされている文字数を比べると本書の方が多い歌が結構あったためかと(^^)
久保田淳訳注『新古今和歌集』上・下(角川ソフィア文庫,2007)は比較対象にすらならん代物(+_+)
勿論、悉皆調査したわけではないから、偶々そうだったのかもしらんが、この買い物に悔いなし(^^)

眠くはないが昨夜のTV視聴による寝不足のせいか身体が超ダル重(+_+) 予定も変更し本も読めず(;_;)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170316読んだ本&買った本

今夜の「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語」はHDに余裕がなくて留守録が
できずリアル視聴するしかない(;_;) みどりん、お子ちゃまだから、とっくに寝てる時間でちゅ(..)

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

続けて「泣かぬ半七」なる短篇を読んだ(^^) 最初の方は女流作家にあるまじき(?)お下劣さだが、
大笑いした^_^; ソレは元ネタがあるのか、あるいは主人公に誰かモデルがいるかは判らないけれど、
途中から時代小説というよりは歴史小説へと変貌した感(^^) いわゆる××時代(「龍助」と言えば、
判っちゃう人もいるかしら)の時代相をヴィヴィッドに描き出していて、中には知らなかった逸話や
忘れてた逸話(海音寺潮五郎『悪人列伝』を確認した)もあるが、きわめて個人的に気になったのが、
「ご時服」のリサイクル(?)という不正の温床の話(..) この一年の間に読んだ杉本苑子の小説で
使われてたか、あるいは歴史随筆で紹介されてた記憶はあるけど、それらしき本を小一時間調べても、
見つからないので、見付け次第「追記」することに(+_+) ストーリーの方は、忠節を尽くすというか
意地を張り続ける主人公にだんだん笑えなくなり、この結末をどう受け止めるべきなのだろうか(..)

【買った本】

川崎三枝子『ご近所番外地 仁侠編』(竹書房バンブーコミックス,2013)

毎日コツコツ、てゆーか、セコセコと貯めているけど、期間限定ポイントの期限である今月末までに
得られるポイント数を計算したら、欲しい本には足りないことが判明し、とりあえず本書をゲット^_^;
洗練さっぱりしたけど、女性キャラがまるで美容整形顏なので、大昔の劇画の頃の画風が良かった(..)

にしてもやるべきことが多いな(+_+)
タグ:小説 漫画 歴史
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

170315読んだ本

チェックの度に値が下がってるのでニヤニヤしながら底値になるのを待ってたら先に買われた(゚ロ゚;)
まさか同じ(本の)趣味の人間がこの世にいるとは思わんかった(-_-) 買ったことあるショップから
配信される「あなたへのおすすめ商品のご案内!」でも常に興味関心の全くない本ばかりなのに(..)

【読んだ本】

澁澤龍彦『世界悪女物語』(河出文庫,1982)所蔵本

承前m(__)m 澁澤の書いたものに盗作・剽窃・パクリが多いことは以前から言われていたわけだけど、
「自己表現、自己主張がない」との評(猫目)にはナルホドと思った(@_@) 私小説が長年主流だった
文壇では、やはり「異端」となるわな^_^; 外国文献の引き写しばかりでオリジナリティがない研究者
しかいない学界あるし、後進国における学問・研究発達史の典型的パターンかと(+_+) 中山茂『歴史
としての学問』(中公叢書,1974)を読み直そうかと思うも、本書の「フレデゴンドとブリュヌオー~
六世紀フランク」を再読(すっかり忘れてたから実質的には初読)^_^; 駒田信二『世界の悪女たち』
(文春文庫,1985)の「フレデゴンド」を昨日読んでたからか、今回は頭にスムーズに入った感じ(^^)

久保田展弘『修験の世界~始原の生命宇宙』(講談社学術文庫,2005)

これまた承前m(__)m 本書110頁に「金峰山と葛城山のあいだに橋を渡して通わせるという伝承は、
何を語っているのだろうか。それはあるいは、両山それぞれに行を積む修験者たちの大同団結を、
小角その人が画していた、そのことを指しているのかもしれない。」___φ( ̄^ ̄ )メモメモ また同
111頁に「平地に住む都の人間にとっての異界である葛城山系は、役行者小角に象徴される山岳
修行者たちによって、やがて吉野へ、さらに金峰山へとその修行の地が広げられていったのでは
ないか。『霊異記』の、両山に橋を渡すという伝承の意味は、このことをいっているのではない
だろうか。」_φ( ̄^ ̄ )メモメモ 雪は降らなかったけど超寒い(+_+) 来週は滝行だな(´・ω・`)

竹田裕子『一〇〇万回言っても、言い足りないけど ジャーナリスト竹田圭吾を見送って』(新潮社,2016)

昨日お古のプリンターを貰うも巨大すぎて床に置くしかなく書斎=ゴミ部屋を早く片付けなきゃ^_^;
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ