So-net無料ブログ作成

170318読んだ本

貫地谷しほり好きだけどやはり桜井淳子と菅井きんの掛け合いを視たかった(..) 原作の「洋子」は
外見はさえないしウブな「おみやさん」を小悪魔的に誘惑してからかったりするから面白かった^_^;
飛ばされた後の某先生と飲んだ際に首相からのメールを見せられたが興味なかったので読まなかった
ことを思い出した(..) 異動の内示に不満を懐き史上初となる現職首相の視察という一大花火を最後に
打ち上げたのも個人的人脈を梃子に実現まで漕ぎ着けたんだろうけど今となっては全てが夢の跡(..)

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

「椎の葉便り」という一篇を読んだ(^^) 彫金師の主人公と親友の売れない絵師とのドタバタが面白く、
「一方の運が悪く、逆に一方の運がよくなる偶然が重な」るストーリー展開は何とも可笑しかった^_^;
主人公は百科事典に載る実在した装剣金工師で、親友はwikiにもある超有名な実在の絵師であることが
最後に判明も、そのチト変わった名前の絵師のことは『はみだし人間の系譜』(中公文庫,1996)でも
取り上げられていたのは憶えていた(^^) 「別件逮捕の島流し」と題した回で、そこで明かされていた
「三宅島への配流の原因」の「真相」は、本作品とは異なるし、紹介された逸話から窺い知れる性格も
本作品のとはまるで別人のよう(゚ロ゚;) 「足かけ十二年に及ぶ島ぐらし」の結果なのかもしらんが^_^;

カレー沢薫『ブスの本懐』(太田出版,2016)所蔵本

一年前の今日の記事に「体年齢=実年齢-17。」(゚o゚;)ナンデスト? 今日から腹筋&腕立てを再開(+_+)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: