So-net無料ブログ作成
検索選択

170329読んだ本

締切の直前にならないとエンジンがかからないという、この性格をマジ矯正しないといかん(+_+)
とりあえず一つは片付いたから、次は某誌の定期購読を新年度も継続申込するか決めなきゃな(..)

【読んだ本】

杉本苑子『別れ霜』(朝日文庫,1985)所蔵本

「あの世からの訴状」は、登場人物がリレーの如く次々と交代しながらストーリーの語り手となり、
「独白」していく形式(映画「羅生門」とも違う)の時代小説(^^) ストーリーは、権力闘争、出世欲、
恋愛などが絡み合いながら、杉本苑子らしく息継ぐ暇なく展開していくので一気に読み終えたぞ(^^)v
これ以上は書けることなし^_^; これで本書も読了だが、本書には解説が付いてない(..) ただ、巻末に
初出情報がきちんと載ってて、1969年から1973年に各誌に発表された作品群と判り、チト興味深い(^^)

角田喜久雄『振袖地獄』(春陽文庫,1990改装版)所蔵本

高いがキューピーコーワゴールドα-プラス買うべきか(+_+) 体感的には予報が言うほど温かくない(..)
タグ:小説 歴史
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: