So-net無料ブログ作成
検索選択

170428読んだ本

気が付いたらブックオフのセール情報を収集してたダメな自分がいた(゚ロ゚;) ホント懲りないね(+_+)
にしても明日のに行くべきか来月4日からのに行くべきか悩ましい(._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; )行く気かよ!

【読んだ本】

駒田信二『世界の悪女たち』(文春文庫,1985)所蔵本

最近では多い睡眠5.5hも、やはり眠く立ち眩みするので今夜こそ絶対早く寝る(+_+) 寝床での読書も
本格化したいし(..) それでも日中は某古典を(牛歩のペースだけど)愉しみながら読んではいる(^^)
手持ちの注釈書も色々と充実してはいるんだけど、借りてる注釈書の方が文学的技巧も見逃さず鑑賞
できるので、買いたくなっちゃうのが悩みか^_^; 新品で3000円近いしなぁ(..) ちなみに、注釈書を
2冊併読してるのは、読み比べての粗探しが目的ではなく、学識が無いために1冊では不安だから^_^;
「・・・若い娘が血を流すのを見、苦痛の悲鳴をあげるさまを見ることを好・・・」み「・・・殺した
若い娘の数は、六百人にものぼった。」という「エリザベート・バートリ」を読んだが、予想通り、
澁澤龍彦「エルゼベエト・バートリ」『世界悪女物語』(河出文庫,1982)所収のそっくりさん^_^;
澁澤は「・・・――ごく最近(一九六二年)、フランスの女流詩人ヴァランチーヌ・ペンローズが、
その興味深い伝記を書いたので、それによって以下に彼女の肖像を描き出してみたいと思う。」と
冒頭に断っているので、駒田は澁澤のではなくて当該「伝記」から剽窃した可能性もあるけどね^_^;

ポイントくれなくなったけど本日18時毎日コツコツ塵ツモ作戦終了し全額ポイント払いで新品注文(T_T)
タグ:列伝
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: