So-net無料ブログ作成
検索選択

170606読んだ本

先週の復習をしとくと、ディアッカの見せ場回と思いきやアスランが掻っ攫ってった_φ( ̄^ ̄ )メモメモ

【読んだ本】

綿谷雪『近世悪女奇聞』(中公文庫,2010)所蔵本

寝た時間が遅かった上に、夢の中で腕を伸ばしたら、枕元に積んだ本にぶつかって、本が崩れる音で
目が醒めてしまい、4時間も寝てない(+_+) 超ツラいが、「蝮のお政」という一篇に挑戦(+_+) 駒田
信二『世界の悪女たち』(文春文庫,1985)所収の「蝮のお政」を読んでたから、30頁もあったけど、
何とか読了(T_T) 「西の島津お政にたいして、東には前科十犯、蝮のお政がある。」と始まるけど、
当時の新聞には連載記事(後に出版)や本人による懺悔話、更に長谷川伸による長篇小説や本人談を
聞き書きした篠田鉱造の『幕末明治女百話』&『明治開化綺談』など、資料は沢山あるみたい(゚o゚;)
ただ、『明治開化綺談』に関しては「・・・テンで信用できない嘘ッ八で、これは記録者がまんまと
だまされたのじゃないかと思う。」と評す^_^; 本篇は駒田よりも詳しい叙述だが、一番笑ったのが、
「お政は長いあいだ千住天王寺の縁の下に身をひそめていたが、もうよかろうと這い出したところを
張込み中の鮫島巡査に見つけられ、走りに走った末、得意の水泳で逃げようと飛びこんだところが川
でなくて水溜まりであったため、びしょ濡れになって捕えられた。」という件^_^; 一番驚いたのは、
この逮捕後、「・・・西脇はまという偽名・偽籍のままで下獄したことである。」(@_@;) 同時点で
本人談では内田まさという本名で既に2回入ってたのに当局にはバレてなかったというのが吃驚(゚ロ゚;)
これ以上は読めないので、本棚の奥側から恋緒みなと『イオ』(講談社ヤンマガKC[スペシャル],
2000-05)全10巻を出してきて、久しぶりに読むことにする^_^; 水溜まり程度から段々と水嵩が増し、
気付くと③巻から底なし沼にどっぷり浸かってる、んにゃ、海の底に達し読むのが止められなくなる
作品(^^) (海底)遺跡その他の謎は明かされずに完結しちゃうけど、最後まで愉しめるから良い^_^;

アマゾンが注文当日に発送してくれなくなった(+_+) ギフト券を登録して次の注文をしたいのに(..)
タグ:列伝
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ: