So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
- | 次の10件

170806読んだ本&買った本

楽天マラソンスロット全敗は無駄遣いするなという神様・仏様・御先祖様の声なのだろう(´・ω・`)

【買った本】

杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』(講談社文庫,1978)

先日購入して冒頭の一篇「沼のほとり」を読んだのも憶えてたけど、旧版の表紙カヴァーが本棚で
浮いてたので、数日悩んだ末に結局買いに行っちゃった(..) ポイント使って89円の無駄遣い(+_+)

【読んだ本】

森田誠吾『明治人ものがたり』(岩波新書,1998)所蔵本

予定では某短篇集を読むはずが、御注文ありがとうございます、送付先に変更ございませんか云々
という無駄なメールを寄越されて、発送が注文から2日後(+_+) 今日も届かず、読書計画瓦解(+_+)
森田誠吾が病床で種類を問わず乱読したところ、それらは「全く縁がないはずの別々の本」なのに
「おなじ人物なり、事柄なり」に収斂され「真実のようなものが見えて」きたという「不思議」の
「さわり」を披露したもので、「・・・面白くないわけがない。」と本書「はじめに」で豪語^_^;
「睦仁天皇の恋」「学歴のない学歴」「マリとあや」の3篇から成り、「睦仁天皇の恋」を読むも、
たしかに面白かった(^^) 明治の新聞記事を取り上げて紹介する星新一『夜明けあと』が、明治7年
(1874年)に「天皇、二十三歳。新しい侍女と深い仲になり、皇后ご立腹。岩倉具視、その和解の
ために苦心。/なんとかおさまり、酒宴となる。その帰途、岩倉は食違坂で暴漢に襲われ、あやうく
命を失うところだった。」(゚o゚;) この件を出発点に色々な本のさまざまなエピソードを引いてくる
わけだが、種本の一部は巻末に「参考文庫本一覧」として載っている(^^) ただ、敢えて言うなら、
星新一の『夜明けのあと』に依存しすぎかな^_^; 「その記事の選び方、並べように、星ならではの
考えがあって、おのずと〝星新一の明治〟が見えてくる、という異色の編著だからである。」とは
断ってはいるが、資料とした新聞記事の段階でも既に新聞社/記者の取捨選択が行なわれてるし^_^;
泉麻人『B級ニュース図鑑』(新潮文庫,1990)も現代史の隙間を埋めてると強弁できなくもないし、
こういう一見すると歴史の無駄話に実は「真実」が宿ってるのを見出し歴史を再構成する愉しさ(^^)

今日も時間を無駄遣いしちった(+_+) 猛スピードで書き上げたから見直すとボツにしたい文章(+_+)

タグ:歴史 随筆
コメント(3) 

170805読んだ本&買った本

こんな間違いが講談社学術文庫版にあるなんて、信頼していた小生は何を読んだらいいのさ(;_;)
ローカルだが日本道路交通情報センター五月女絵里奈が髪切ったのは男どもにはニュースか(@_@)
別にファンじゃないけど短い方が好い(^^) ただ、いつも憂い顔で、笑顔を視た記憶が無いよ(..)

【読んだ本】

杉本圭三郎(全訳注)『平家物語(七)』(講談社学術文庫,1985)

本書本巻が108円で手に入るまで待てず、借りて来て「巻第七」の「忠度都落」だけ読んでみた^_^;
同章〈解説〉曰く〈都落ちの怱劇[そうげき]のなかで、忠度が俊成をたずねて、勅撰集への入集
を懇願し、その作品を託したということが、史実であったか否かは定かでない。『千載和歌集』に
のちにみるように「読み人しらず」としてその歌が載せられていることは事実であるが、そこから
生まれた虚構であるかもしれない。〉由(^^) 「しかしこの挿話は、歌に執心をもつ忠度の人間像を
あざやかに描きあげるとともに、戦乱のなかでの風雅で浪漫的な情景を現出した一編として、傑出
している。」にはマジ得心した(^^) 「延慶本」では「・・・おびえ、ふるえる俊成の姿・・・」が
描かれ、それだと「・・・この場面の浪漫的な効果が減殺されてしまうであろう。」もナルホドで、
「覚一本」(高野本・覚一別本)を底本とする本書をチョイスし正解(^^) 〈「一門の運命はやつき
候ひぬ」ということばは「延慶本」「屋代本」にはみられないが、既に滅亡は決定的であるという
自覚のもとに、一首の歌でも勅撰集に残したいという念願をこめた忠度のことばは悲愴である。〉
も至言(;_;) で、忠度の千載集入集歌「さざなみや志賀の都はあれにしをむかしながらの山ざくら
かな」(本書の訳は「志賀の旧都は今はすっかり廃墟となってしまったが、長良山の山桜ばかりは、
むかしに変らず咲いていることだ」)の出番だが、〈また「延慶本」には、「ささなみや」の歌の
ほかに、「忍恋[しのぶこひ]」として、/いかにせむみやまか[が]はらにつむせりのねのみなけ
ともしる人のなき/の歌をあげ、「コノ二首ヲヨミ人シラストソ入ラレケル」とあるが、この作は
『千載集』にはみえない。〉だとぉ(゚ロ゚;)ナンデスト!? では、久々に「ちょっと、一言いいですか?」
(._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; )So-netブロガーにしか分からぬローカルネタ使うな!! 同歌は千載集に入った
「いかにせん御垣[みかき]が原に摘む芹のねにのみ泣けど知る人のなき」の誤写かと^_^; 作者は
平経盛(清盛の弟で忠度の兄)だし、しかも読み人しらずと表記されてるから、平家物語の作者は
忠度作と取り違えたと解すべきだよね^_^; ちなみに、片野達郎&松野陽一(校注)『新 日本古典
文学大系10 千載和歌集』(岩波書店,1993)の訳は「どうしよう、御垣が原に摘む芹の根のように、
音(ね)に――声にばかり出して泣いても私の思いを知る人はいない。」で、〈叶わぬ恋の思いを
「御垣が原に摘む芹」という親しまれた歌語により表現。相手に伝わらぬ忍ぶ恋の歎きの歌・・・〉
と同書は評しているよ(^^) 〈「芹の根」から「音」へと続ける。〉(久保田淳校注『千載和歌集』
[岩波文庫,1986])点がポイント(^^) とまれ、少なくとも平家物語の作者の方が杉本圭三郎より
千載集を読み込んでる事実が判明してガッカリだよ(+_+) 平家物語の注釈書では一番信頼できると
思ってたのに裏切られたよ(;_;) 講談社学術文庫は本書全12巻を全4巻にした新版を刊行したけど、
この件も正してなさそう^_^; 気になったのが、平家物語の作者が読み人しらずで千載集に入った
「さざなみや・・・」の歌をどうやって忠度の作と知ったかだよ(@_@) 家集『忠度集』に入ってる
のを見たのかしら(..) どうあれ平家物語の作者は和歌をかなりチェックしてるよね(^^) となると、
新古今集にも丹念に目を通してて、俊恵の歌から平家物語の「灌頂巻」の「大原入」に出てくる歌
を作った可能性を指摘する久保田淳『新古今和歌集全注釈 二』(角川学芸出版,2011)の論もヨリ
説得力が増すよね(^^) 平家物語の「蘇武」の章の変な叙述も新古今集に入っている紫式部の歌を
意識して書かれて誤記したとする小生の推理も満更でもないんじゃないか(^。^;) ただ、久保田淳
『新古今和歌集全注釈 三』(角川学芸出版,2011)は紫式部の当該歌の平家物語への影響など全く
論じてないし、他方で既にみどりんより前に専門家が同様の指摘をしてるかもしれないけどさ^_^;
最後に、忠度と経盛の上記の歌は樋口芳麻呂&後藤重郎(校注)『定家八代抄―続王朝秀歌選―』
上・下(岩波文庫,1996)にも入ってて、特に経盛のは、片桐洋一『歌枕 歌ことば辞典 増訂版』
(笠間書院,1999)が買ってるし、「切符なしで汽車に乗る」不正乗車を意味する「サツマノカミ」
という隠語は薩摩守平忠度の「・・・タダノリさんの名前だけではなく、『平家』忠度都落のくだり
の文章それ自体が作用してゐる、・・・」という「学説」(?)を丸谷才一が「サツマノカミ考」同
『男のポケット』(新潮文庫,1979)所収で提唱してたことも一応メモっておく___φ( ̄^ ̄ )メモメモ

【買った本】

角田喜久雄『お小夜悲願』(春陽文庫,1989改装)
角田喜久雄『兵之介闇問答』上(春陽文庫,1989)
角田喜久雄『兵之介闇問答』下(春陽文庫,1989)

ポイント&クーポン使っても1000円は高い(+_+) 巻末の既刊目録に所蔵本の意かチェック入ってた^_^;

新田次郎「迷走台風」の記事に昨日アクセスが多かった謎が全国のニュースを視て解けたような(..)
タグ:古典 和歌
コメント(0) 

170804読んだ本

コメント欄が表示されない不具合は解消するもリンク元に「ブックマーク(リンク元なし)」が2種類^_^;
朝からコメント投稿は出来るんだけど最新記事のコメント欄だけが何故か表示されなかった(@_@;)

【読んだ本】

杉本圭三郎(全訳注)『平家物語(十二)』(講談社学術文庫,1991)

新古今集の俊恵の歌「立田山梢まばらになるままに深くも鹿のそよぐなるかな」(石田吉貞『新古今
和歌集全註解』[有精堂出版,1960]の「釈」は『(秋も深くなり木の葉が落ちて)、立田山の梢が
まばらになるにつれて、(木の葉のそよぐ音の代りに)、山深くで、鹿が落葉を踏み分ける音が、
そよそよと聞えて來るよ』)から、『平家物語』の「灌頂巻」の「大原入」に出てくる歌「岩根ふみ
たれかはとはんならの葉のそよぐはしかのわたるなりけり」(本書の訳は「この山あいの岩を踏んで、
誰が訪ねてくるでしょうか。楢の落葉をかさかさとたてる音は、鹿が通るのでした」)が作られたの
ではないかと久保田淳『新古今和歌集全注釈 二』(角川学芸出版,2011)は指摘する(^^) 久保田淳
(校注)『新潮日本古典集成 新古今和歌集』上(新潮社,1979)の頭注に〈鹿の動きを「そよぐ」と
表現した点が新しい。〉とあるし、平家物語の当該歌は新古今集の俊恵の歌をプレテクストとして
〈引用〉したことは間違いないと思うけど、『平家物語』の各注釈書はどのように評注してるのか、
当該節を確認した(^^) が、本書、それに、梶原正昭&山下宏明(校注)『新 日本古典文学大系45
平家物語』下(岩波書店,1993)や市古貞次(校注・訳)『新編 日本古典文学全集 46 平家物語②』
(小学館,1994)も当該歌に関しては何の特筆もなく、新古今集の俊恵の歌への言及も無いよ(゚ロ゚;)
唯一、本書の当該節の〈解説〉に〈「延慶本」の建礼門院大原移住の叙述は、平大納言時忠能登配流
の記事の後におかれているが、その文章は相違がいちじるしく、対比が困難であり、「岩根ふみ」の
歌も、/散敷木葉ノソヨキ[ギ]ケルヲ聞食[きこしめす]モ古[いにし]ヘ馴[なれ]シ都人ノ
問来[とひきたる]ニヤ誰ナラムト御覧シ[ジ]ケレハ[バ]古郷人ニハアラス[ズ]シテ妻恋鹿ソ
[ゾ]通ケル、山深キ御住居今更思食[おぼしめし]知レテカクソ[ゾ]詠[なが]メサセ給ケル。
/里トヲ[ホ]ミ誰カ問来ラムナラノ葉ノソヨク[グ]ハ鹿ノ渡ルナリケリ/となっている。〉と
あった__φ( ̄^ ̄ )メモメモ もし典拠としたもの(例えば、歌人の私家集)が存在してたのなら、ここ
(=上二句)まで異なることはなく、やはり当該歌は平家物語作者の創作だったことの傍証かと^_^;
そして、共通する下三句の創作の際には勅撰集もチェックする平家物語作者が新古今集を参考に^_^;

昨夜の更新が遅かったことと一晩中涼しかったために寝坊して目が覚めたの6時( ̄□ ̄;)づがーん
タグ:古典 和歌
コメント(3) 

170803読んだ本&買った本

「本日大安」と言うが大安なのは全員同じで買えば全員サマージャンボ当たるとでも言うのか(^。^;)
現に大安でも楽天マラソンスロットは大ハズレだったじゃんか(ノ ̄皿 ̄)ノナンデヤネン!┫:・’.::

【買った本&読んだ本】

杉森久英『夕陽将軍~小説・石原莞爾』(河出文庫,1981)

老軀に鞭打ち、歩いて山を越え谷を越えて街へ(+_+) 88円の電池をネット注文する勇気が無くて(..)
そしたら長年探してた本書が108円で手に入った(;_;) かなりヤケてるし、元の所有者らしき人名が
判(いわゆる蔵書印に非ず)で捺されてたけど^_^; 本書で『参謀・辻政信』『苦悩の旗手 太宰治』
『浪人の王者 頭山満』『小説 坂口安吾』『昭和の怪物たち』『近衛文麿』上下『天才と狂人の間』
と合わせて、河出文庫の杉森の伝記小説・評伝は全て揃ったんじゃないかな^_^; 大安に感謝m(__)m

中野京子『名画に見る男のファッション』(角川文庫,2016)

単行本は2014年4月に借りて読了と手帳に記されてた(^^) 美品だが460円はチト高いかな^_^;

堀江貴文『刑務所わず。~塀の中では言えないホントの話』(文春文庫,2016)

単行本は時間無くて読了できず返却したのが美品460円^_^; あるブログの某施設見学記の冒頭部分に
明治に建てられた五大施設で「唯一現存」とあるのは、いい加減な説明を施設側がしたのか(職員は
何でも知ってるわけではない)、ブログ主が聞き間違えたのかは知らぬが、不正確な記述だね(+_+)
千葉は庁舎の正面部分をそのまま残して今でも現役だし、金沢も正門その他の一部の建物が明治村に
移築・保存されてるからね(^^) 数回ほど見学したことがあり(千葉は何度も見学してるし、明治村も
金沢のを見るためだけに大昔に遠征した^_^;)、載ってた画像がつい懐かしくてnice!を押したけど、
専門外とはいえ、ここで釈明しておく^_^; なお、小生はどちらの側の人間(の関係者)でもない^_^;

Cuvie[キュービー]『ひとはけの虹 ①』(講談社シリウスKC,2015)

知らない漫画(家)で、画家とモデルを描いた作品らしく、第1話はルーカス・クラナッハだったが、
試しに買った^_^; 108円のもあったが、260円の帯付きにしたら、特典みたいなのが挟まってた^_^;

杉本圭三郎(全訳注)『平家物語(四)』(講談社学術文庫,1982)

別店舗にも寄ると、美品で108円の値が新たに貼られてたから即購入(^^)

大岡昇平『将門記』(中公文庫,1975)

これまた美品で108円の値札が新たに貼られてた(^^)

このブログを御覧の先着100名様にとっても今日が良い日でありますよーに(^o^)丿ヾ(-_-;)オイオイ...

[追記170804]

上記漫画内の画家解説コラムに〈ただし、物語に登場した「ルカ」がクラナッハであるかどうかは
不明である。〉(+_+) カラヴァッジオ、ベラスケス、ジョン・エヴァレット・ミレイも登場するが、
作者の画は巧いのにフェリペ4世とか顏を似せてないし、伝記性もほとんどなく、画家とモデルと
色に関する創作話で何かSFっぽい感も^_^; 退屈せずに終始面白く読めたからいいんだけど^_^;

タグ:建築
コメント(2) 

170802読んだ本

ちょこまか動いて広告を踏ませようとするアンケートで正確なデータが採れるわけねーじゃん(^。^;)
ヤフートップページもブログを押そうとすると動いてファイナンスが開くようになってる感じ(-"-)

【読んだ本】

杉本苑子『珠の段』(旺文社文庫,1987)所蔵本

夜中に続いて朝にも地震あるし、窓開けたらメチャ寒い(+_+) 気温21度でも寒く感じるように(+_+)
雨が降ったり止んだりで図書館へ行く気になれないし、電線にカラスが20羽ほど居て不吉な観(+_+)
いつも庭を威風堂々と横断してバケツに汲んだ地下水を飲んで行く猫達^_^; 瘠せてて耳も遠い方が
庭の敷石の上でヘバっていた(+_+) 数時間おきにちょびっと移動しては再びへたりこむもんだから、
心配させられた(;_;) 結局ウチの周囲を半周して消えたけど、バケツや溝から地下水を飲んでた^_^;
とりあえず「ゆずり葉の井戸」を読んで本書も読了^_^; 本篇もまた『冬の蝉』(文春文庫,1988 →
2006新装版)に収録されてて題名は記憶してたし、読みながらストーリーも断片的に思い出した^_^;
井戸をめぐる話だけど、このストーリーの前提となる江戸の「水の質の粗悪と絶対量の不足」の解説
は興味深い(^^) 『玉川兄弟~江戸上水ものがたり』(文春文庫,1994)の作者だしね^_^; 〈番頭の
吉兵衛は、武州井草村の産である。その吉兵衛が語るには、/「一生涯、あのへんの百姓は、湯浴み
はおろか水浴びさえ知らずに、生を終えるのでございますよ」〉という江戸の水道事情(゚ロ゚;) 更に、
神田と玉川の二上水以外の上水路を廃止したのは「上水道は、火事のもと」という珍説に由るもので、
それを唱えたのが室鳩巣だった(゚o゚;) そんなこんなで勉強になる一篇(^o^)丿ヾ(-_-;)ワスレテタクセニ...
杉本は他にも随筆か何かで江戸の上水道について書いていたのを読んだ気もするが思い出せん(+_+)

延長12回で13四死球もらって11安打しても5得点の昨日のオリ(+_+) 盗塁数も12球団で最下位(+_+)
タグ:小説 歴史

170801読んだ本

子供の頃に抜けた歯をティッシュに包んで枕の下に入れておくと翌朝100円玉に変わってた(*'ε`*)チゥ

【読んだ本】

杉本苑子『珠の段』(旺文社文庫,1987)所蔵本

「冬の蝉」を読了(^^) 『冬の蝉』(文春文庫,1988 → 2006新装版)は両方所蔵し既読なのは流石に
記憶してるが、ストーリーは完璧に忘れてたから、面白く読めた(^^) てゆーか、イイ話だった(;_;)
旗本直参の山田十太夫は家計が苦しくて三女に晴れ着1つ持たせられない上に、上役で小姓組の組頭・
高木兵部少輔信房が名うての気難し屋で山田は自らの不注意をいやというほど油をしぼられた体験が
あって、恐くてたまらない存在であった^_^; 山田の同役の井上図書正在が教えてくれた「さむらい
奉公の知恵」が興味深い(^^) 「蝉の脱けがら」を「箪笥の中へ入れておくと、着物がふえる」(;_;)

朝は大ハズレも昼過ぎから大雨で、図書館へ行ってたら網戸から大変な事態になってた((;゚Д゚)ヒィィィ!
タグ:小説 歴史
- | 次の10件
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ