So-net無料ブログ作成

170803読んだ本&買った本

「本日大安」と言うが大安なのは全員同じで買えば全員サマージャンボ当たるとでも言うのか(^。^;)
現に大安でも楽天マラソンスロットは大ハズレだったじゃんか(ノ ̄皿 ̄)ノナンデヤネン!┫:・’.::

【買った本&読んだ本】

杉森久英『夕陽将軍~小説・石原莞爾』(河出文庫,1981)

老軀に鞭打ち、歩いて山を越え谷を越えて街へ(+_+) 88円の電池をネット注文する勇気が無くて(..)
そしたら長年探してた本書が108円で手に入った(;_;) かなりヤケてるし、元の所有者らしき人名が
判(いわゆる蔵書印に非ず)で捺されてたけど^_^; 本書で『参謀・辻政信』『苦悩の旗手 太宰治』
『浪人の王者 頭山満』『小説 坂口安吾』『昭和の怪物たち』『近衛文麿』上下『天才と狂人の間』
と合わせて、河出文庫の杉森の伝記小説・評伝は全て揃ったんじゃないかな^_^; 大安に感謝m(__)m

中野京子『名画に見る男のファッション』(角川文庫,2016)

単行本は2014年4月に借りて読了と手帳に記されてた(^^) 美品だが460円はチト高いかな^_^;

堀江貴文『刑務所わず。~塀の中では言えないホントの話』(文春文庫,2016)

単行本は時間無くて読了できず返却したのが美品460円^_^; あるブログの某施設見学記の冒頭部分に
明治に建てられた五大施設で「唯一現存」とあるのは、いい加減な説明を施設側がしたのか(職員は
何でも知ってるわけではない)、ブログ主が聞き間違えたのかは知らぬが、不正確な記述だね(+_+)
千葉は庁舎の正面部分をそのまま残して今でも現役だし、金沢も正門その他の一部の建物が明治村に
移築・保存されてるからね(^^) 数回ほど見学したことがあり(千葉は何度も見学してるし、明治村も
金沢のを見るためだけに大昔に遠征した^_^;)、載ってた画像がつい懐かしくてnice!を押したけど、
専門外とはいえ、ここで釈明しておく^_^; なお、小生はどちらの側の人間(の関係者)でもない^_^;

Cuvie[キュービー]『ひとはけの虹 ①』(講談社シリウスKC,2015)

知らない漫画(家)で、画家とモデルを描いた作品らしく、第1話はルーカス・クラナッハだったが、
試しに買った^_^; 108円のもあったが、260円の帯付きにしたら、特典みたいなのが挟まってた^_^;

杉本圭三郎(全訳注)『平家物語(四)』(講談社学術文庫,1982)

別店舗にも寄ると、美品で108円の値が新たに貼られてたから即購入(^^)

大岡昇平『将門記』(中公文庫,1975)

これまた美品で108円の値札が新たに貼られてた(^^)

このブログを御覧の先着100名様にとっても今日が良い日でありますよーに(^o^)丿ヾ(-_-;)オイオイ...

[追記170804]

上記漫画内の画家解説コラムに〈ただし、物語に登場した「ルカ」がクラナッハであるかどうかは
不明である。〉(+_+) カラヴァッジオ、ベラスケス、ジョン・エヴァレット・ミレイも登場するが、
作者の画は巧いのにフェリペ4世とか顏を似せてないし、伝記性もほとんどなく、画家とモデルと
色に関する創作話で何かSFっぽい感も^_^; 退屈せずに終始面白く読めたからいいんだけど^_^;

タグ:建築
コメント(2)