So-net無料ブログ作成

171104読んだ本

「天には神はいなかった。あたりを一所懸命ぐるぐる見まわしてみたがやはり神は見当たらなかった」
「ガガーリンのこのセリフはアメリカ人大衆に大変なショックを与えた。」由、「地球は青かった」
よりも「このセリフを記憶している人のほうが多いくらいだ。」というのには、流石に驚いた(゚o゚;)

【読んだ本】

立花隆『宇宙からの帰還』(中公文庫,1985)所蔵本

今週もサンダーボルトかよ(-"-) ユニコーンが視たいのに(;_;) ガンダムだけど、東京МXという
ローカル放送局の話^_^; このサンダーボルトについて、出撃前の喫煙室を通り過ぎる際、手で鼻を
覆っているといった細かな描写も見どころの一つ云々という批評をネットで見掛けたけれど(なお、
先週の同番組でサンダーボルトの監督がインタヴュー直前まで喫煙してるというヘヴィーっぷり)、
そもそも喫煙者が宇宙飛行士になれるのかしら(@_@;) 久しぶりに本書にざっと目を通してみたが、
分からんかった(+_+) ジョン・グレンについて、「理想的アメリカ人の化身」とされているとして、
「家庭ではよき父、よき夫であり、教会ではよきクリスチャンであり、教会活動に積極的に参加し、
社会人としては愛国心に満ちあふれ、祖国のために献身することをいとわず、生活は規律正しく、
酒も飲まず、タバコも吸わず、下品なことばを使わず、曲ったことは何一つせずと、絵に描いた
ように模範的な人物なのである。」と描写する一方、「もともとグレンが、[宇宙飛行士]仲間たち
からけむたがられる存在だった・・・」という点も踏まえると、前記グレンの描写の反対解釈から、
他の宇宙飛行士は「タバコも吸」ってそう(@_@) 科学技術の粋を極めた宇宙船を操る技術系人間=
宇宙飛行士が宇宙体験によって、神とは何か、人間とは何か・・・といった深遠な内的インパクトを
受けるという逆説に着目した本書を読むと知的興奮でゾクゾクするが、今はハマってる暇なし(^_^;)

アクセス解析の「検索ワード」で久しぶりに「JR東日本」「松川智佳」を見た(^。^;) 別ブログも
「聖家族」「新潮文庫」「誤植」というのがあったけど、同書には誤植でもあるのかしら(@_@;)
タグ:宗教
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー