So-net無料ブログ作成

171106読んだ本

「いや、サミュエルソンによれば、専門論文の平均読者数は一・五人で、そのうちの一人は執筆者本人
ということだ。」(西部邁『学者 この喜劇的なるもの』[草思社,1989])の「サミュエルソン」とは
ノーベル経済学賞を受賞したポールのことかな^_^; この自嘲ネタはブログにも当てはまる気が(^_^;)
訪問者数、ページビュー数、閲覧数などは読んだ人の数じゃなく、読んでるのはブログ主だけかも^_^;

【読んだ本】

杉本苑子『今昔物語ふぁんたじあ』(講談社文庫,1978)所蔵本

何冊も読んだ気はするのに、手帖で確認すると、先月は一冊も読了しなかった∑( ̄ロ ̄|||)ナンデスト!?
「紐の先」という一篇を読んだ(^^) 姉の絹綾とともに大宰府の大弐の官舎に召し使われる青女房の
綾縫は、都にいる時に密通していた義兄(姉の夫)に逢いたくて我慢できないが、帰洛するためには
肉親の死で服喪し忌にこもるために骨を葬りに戻るという方法しかなかった・・・ドロドロしてるし、
これまた意外な結末で、例によって、イヤ~な読後感だけが残る作品(+_+) でも、読んじゃう(^_^;)
元ネタがあるかどうかはテキトーに調べただけだから不明m(__)m もう疲れたよ、パトラッシュ(;_;)

500:46351→550:59580→600:76951_φ( ̄^ ̄ )メモメモ 68:110608なので、やっと尻尾ぐらい見えたか^_^;
タグ:小説 歴史
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー