So-net無料ブログ作成

171207視たアニメ&読んだ本

いつものカレーライスを注文したらハヤシライスが出てきて変に思いつつ食したら美味しかったので
文句を言わなかっただけなのに店主がドヤ顔するのはチトおかしいだろうと思うのは小生だけか^_^;

【視たアニメ&読んだ本】

大塚康生『作画汗まみれ 増補改訂版』(徳間書店,2001)所蔵本

NTV「ルパン三世ベストセレクション」の第2位は噂通り「死の翼アルバトロス」(新ルパン第145話)
だったが、話自体は何度視てもカリ城テイストのコナン(≠名探偵)ギガント回のようで面白い(^^)
だけど、各キャラの作画が新ルパンのソレからメチャ逸脱してて、完全に別人と化してるのがね(..)
本書には〈・・・『死の翼アルバトロス』で、それまでのルパンと顔が違ったルパンが突然出てきた
ことで、局の担当者が烈火のごとく怒り、「こんなルパンは受け取れない、持って帰れ!」と[制作
した]「[東京]ムービー」のプロデューサーとトラブルになったことがありました。〉とある^_^;
別冊宝島737号『完全保存版「ルパン三世」PERFECT BOOK』(2003年)でのスペシャルインタビュー
「ルパン三世30年の回顧と新たな可能性を見つめて」では、大塚康生はもう少し詳しく語っていて、
「・・・[同作品は]今でこそ高い評価を得ていますが、完成したフィルムをテレビ局に届けに行った
とき、局側から受け取りを拒否されているんです。絵柄もシナリオコンセプトもそれまでのシリーズ
作品と異質なものが納品されたのだから、局側の態度も無理からぬことだったかもしれませんが、
少なくとも質的にいい作品を見抜く目はなかったといえます。納品に行った徳永元嘉氏(現ウォルト・
ディズニー・アニメーションジャパンエグゼクティブプロデューサー)は、局の担当者を拝み倒して
納品を許可してもらったそうです。」と(@_@;) 本書を通読した限り、大塚康生はバランス感覚
の持ち主であり、このインタヴューにもソレは表れてる、とは思う(^^) だけど、いくら良い作品を
作っても、間に入った人に頭を下げさせたり、局側を扱き下ろすのは、如何かと思う(+_+) 「放送後、
局の担当者が心配したような、顔の違いについて抗議した視聴者はひとりもいなかったそうです。」
とも本書にあるけど、当時はネットも無いし、今みたいなクレーム文化(?)も無かったからね^_^;
本書を読むと、そもそも、回あるいは作画する人によってキャラの顏が違ってしまっても問題ない、
という態度を大塚康生はとっていて、同一キャラなのに作画する人によって生じる違い、「あれは
要するに原作のキャラクターの解釈の違いなのです。」と言い切って、技術・技量の問題ではない、
としてる(@_@) 上記インタヴューによると、〈原作者であるモンキー・パンチ氏が「人が変われば
絵も変わるよ」と、アニメーションの「人によって解釈が異なる」ことに理解を示してくれたこと
・・・〉もあるのだろう(..) その是非は措くとしても、理解に苦しむのは、本書の〈「作家」論争〉
という論点(@_@) 手塚治虫が大塚康生に対し、「作家」として「自由にやっていただいて結構です」
と言ったのに、大塚康生は「・・・私は自分のことを職人とか、労働者というように規定してますし、
その方が正確なのですが・・・・・・」と答えた由(@_@;) 「労働者」というのは、宮崎駿にしても
そうだけど、左がかってる人だし、そういう時代だったから、別にいいんだけど、「職人」と自らを
規定しながら、本書の記述に一貫性が見られないのがね(@_@) 例えば、「いうまでもないことですが、
企業(会社)は趣味で映画を作っているのではありません。利益を生み出すために、金儲けのために
作っているのです。しかし、作り手の私たちはそれだけではなく、ストーリーやキャラクターの行動
を通して何かを表現しようと思っています。」とあって、そーゆーのを手塚治虫は「作家」と表現し、
自らを職人とか労働者と言う大塚康生に対し「とんでもない、あなたはまぎれもない作家ですよ。」
と言ったんじゃないか(^_^;) んで、問題は最初の「似る、似ないの話」に収斂されるわけ(@_@;)
本書に〈絵を描かない経営者はよく「アニメーターは職人である。指定されたキャラクターを完全に
その通りに動かしてこその商売だ。優れたアニメーターはそうでなくてはならない。なぜ人によって
ああも違ってしまうのか」と言いますが、これはよくある「べきである論」のひとつで、原則論として
一見正しいように見えますが、厳密に言えば間違っているのです。/誰でもそうしたいと思っています
し、またそのように努力していますが、本人が全力を挙げて似せて描いたつもりでも、他人からすると
ずいぶん違って見えるのは、その人の個性、美意識が上乗せされてしまう結果なのです。〉とある(+_+)

両足の指は症状が消えたけど右手の小指がシモヤケに(+_+) 明日からヒートテックを解禁しようか(..)
タグ:回顧録
コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー