So-net無料ブログ作成

180105読んだ本

民法§96が詐欺による意思表示を無効とせず取消しか認めないのは欺かれた者にも帰責性があるためで、
間違った情報を流したと報道を責める前に、見抜けず軽々しく信じた自らの不明を恥じるべきかと^_^;
・・・なーんてまたエラソーなこと言っちゃったりなんかしちゃったりして~ψ(*`ー´)ψヶヶヶ...
ぽちの輔様の12匹いる猫さん達の見分け方が判ったから、ちょっと気分も良くなってきたもんね(^_^;)

【読んだ本】

杉本苑子『西国巡拝記』(中公文庫,1980)所蔵本

「第三番 粉河寺」を読んだ(^^) 色々なことが書かれているけど、杉本苑子の興味は粉河寺の塔頭
「御池書院」らしい^_^; 江戸末期に京都の冷泉為恭[ためちか]と名乗る土佐派の画家が尊攘派の
浪士に殺されるのだが、浪士らの眼を逃れて、しばらく身を潜めていたのが御池書院だったとか(^^)
〈なぜ、政治とは無関係なはずの画家が、攘夷党などにつけ狙われたかというと、佐幕派の公卿に
たのまれて、孝明天皇の皇妹、和ノ宮御降嫁についての故実を、為恭が調べたからであった。/同じ
ような例は他にもある。群書類従の編纂で有名な盲学者塙保己一[はなわ ほきいち]――。この人
の息子の忠宝[ただとみ]という人も、攘夷論にこりかたまっている孝明天皇に手をやき、ひそかに
その廃立を考えた幕府の要路者に、/「先例をしらべて報告せよ」/と命ぜられたばかりに、尊皇
浪士らのテロに遇って非業の死をとげているのである。〉(T_T) 御池坊の大行満願海の逸話多い(^^)

昼前の緊急地震速報は誤報だったみたいね^_^;
タグ:宗教 紀行
コメント(20)