So-net無料ブログ作成

180106読んだ本&(昨日)買った本

年賀ハガキが1枚だけ余っちゃったよ(´・_・`) 書き損じたから年末に郵便局へ持って行ったら、5円で
交換してくれ、その時は喜んだけど、官製ハガキか切手の方が良かったな(-ω-、) どーしよ(ノ_-;)ハア…

【昨日買った本&読んだ本】

芸術新潮2018年1月号

休み明けの昨日、1割引で購入(^^) 特集「世にも奇妙な贋作事件簿 21世紀ブラック・レポート」が
メチャ面白い(^^) コラム記事が多くて、情報たっぷり感(^^) ロシア・アヴァンギャルドは贋作率が
高いジャンルで、仏トゥールで2009年開催の「アレクサンドラ・エクステルとロシアの友人たち」展
は出展作192点中190点が贋作と通報され、会期終了前に警察が全作品押収の由(゚ロ゚;)マジ!? 日本の話
も出てるけど、河出書房新社の『フィンセント・ファン・ゴッホ 失われたアルルのスケッチブック』
の記事が気になる(@_@) ゴッホのスケッチが新たに発見されたというのだが、ゴッホ美術館は贋作と
断定の由(´・_・`)〈ところが、日本版の帯には「世紀の大発見!」とデカデカ謳われている。そして
帯の裏を見てみると、著者がゴッホ美術館のコメントに反論していること、読者に見てもらう機会を
提供するのが有意義だと判断したことが、小さく記されているのであった。〉だと(゚ロ゚;)エェッ!? この
書き方だと、本そのものには書かれてないようで、それは問題でしょヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ ネット書店で
新刊書を注文すると、リアル書店では付いている帯が付いてないこと結構あるよ(+_+) 届いた本の帯
が破けてても帯は本及びその付属品ではないとして補償対象にならないとするネット書店ばかり(..)
版元のHPに【真贋論争と本書の日本語版刊行について】など記しても無意味だし、本書が「全国学校
図書館協議会選定図書」になってるのは、どーなん((;゚Д゚)ヒィィィ! あと本号には「世界を揺るがせた
歴史的贋作選」というのが載っていて面白いんだけど、本誌1990年7月号の大特集「万国贋作博覧会」
と同じネタが多くて、そっちの方が詳細だからね^_^; 同号でも取り上げられてた偽ボッティチェリの
聖母子像も本号は紹介してるけど、相変わらず美人だなぁ(^_^;) コレを贋作と見破ったのが若き日の
ケネス・クラークで、当世の映画女優みたいな顔ではないか、と指摘した逸話もやはり記されてた(^^)
日本のケースでは、春峯庵浮世絵偽物事件や「永仁の壺」等が紹介されてるけど、これらも本誌1991年
11月号の創刊503号記念大特集「贋作戦後美術史」の方が詳しい(^^) ちなみに、松井覚進『永仁の壺
偽作の顛末』(講談社文庫,1995)はマジ傑作ノンフィンクションで序文を寄せた松本清張も太鼓判(^^)

【買った本】

角田喜久雄『雪太郎乳房』(春陽文庫,1991新装)

1157円「良い」をギフト券を使って757円と、チト高いけれど、やっと〈安い〉のが出たので注文^_^;
ヤケてるけど、帯も付いてて(要らないけどさ)、何とか紙で包まれてた(^^) 岡山の「451BOOKS」は
何がビックリって、4日18:51に注文確認メール届いたと思ったら、同日19:55に発送通知メール(゚o゚;)

なんか疲れたよ(+_+)
タグ:アート
コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー