So-net無料ブログ作成

180107読んだ本

どうしてNHKの大河ドラマの主人公に選ばれないのだろうか?という歴史上の人物、結構いるよね^_^;
別に柳川とは何の関係もないけど、なぜ立花宗茂を取り上げないのか、マジ不思議(@_@;) 関ヶ原で
改易されたのに20年後に旧領を回復したドラマチックな人生、メチャ若いのに戦国武将としての能力は
群を抜いてる(^^) 笠谷和比古『関ヶ原合戦~家康の戦略と幕藩体制(講談社選書メチエ,1994)なんか、
もし立花宗茂が関ヶ原の主戦場に間に合ってたら西軍が勝ってたかも云々と註に書いてて、歴史学者が
歴史のifを論じちゃってるよぉ~!?と吃驚したのを憶えてる^_^; それほど魅力的な武将ということ(^^)

【読んだ本】

杉本苑子『西国巡拝記』(中公文庫,1980)所蔵本

再び本書に戻ったよん^_^; ネットで調べたところ、「施福寺[せふくじ]」が正式名称なのかしら、
「第四番 槇尾寺」を読んだら、杉本苑子大噴火w(゚o゚)wオー!ノー! 「三十三ヵ所霊場とはかぎらない。
日本の寺々にはともすると、草創の古さ、寺格の高さ、皇室はじめ過去の権力者にどれほどの庇護や
帰依をうけたかを、とくとくと語り、あたかもそれを寺の誇りとするごとき傾向をまま見かける。
しかしそんなことが、寺の名誉でも威信でもないことはあきらかである。」といった具合で、元々は
仏教総合月刊誌「大法輪」に連載、仏教書の総合出版社・大法輪閣から出版されたのにヒィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
小生の好みの説話も紹介されてたよ(^^) 〈ただ、槇尾山縁起にひとつ、おもしろい話が載っている。
欽明帝が病気にかかられたとき、葛城山中に修行している行満上人の噂を聞き、勅使を派遣して病気
平癒の祈禱を命ぜられた。上人はお受けしなかった。役人風はいつの時代も同じらしく、勅使は感情
を害して、/「日本国はすべて王土だから、そこに住んでいる者は勅命に背くわけにはゆかない」/
ときめつけた。上人いわく、/「それならば土地の上に住みませんよ」/というわけで、フワッと
空中に浮かんだきりになってしまった。あわてた勅使は不遜な言辞を謝罪して、ようよう上人におり
てもらったという。〉(^^) この話も杉本苑子は現代の寺院に対する批判へと展開していくんだけど、
宮元啓一『日本奇僧伝』(東京書籍,1985)で類似説話を読んだ(@_@) 西国三十三ヵ所の第二十三番
でもある摂津国箕面の勝尾寺の第六代目座主・行巡の逸話で、貞観年間に清和天皇が重病となって、
病気平癒の加持祈禱のために、勅命で行巡を内裏に参内さすべく藤金吾を使者として派遣したところ、
行巡は拒否(゚o゚;) 藤金吾は〈この国土が続くかぎり、王(天皇)の臣下でないものはおらぬはず。
師は俗世間をお捨てになられたとはいえ、王地に住まわれていることは疑いありませぬ。であります
から、ただちにここをお立ちになって、帝の恩に報ずるべきではないかと存ずる次第であります」/
そこで行巡は、持っていた杖をまっすぐ地面に立てた。どうするのかと見ていると、その上にむしろ
を乗せ[ママ]、軽々とそこに飛び乗り、悠然と坐して言った。/「拙僧はかくのごとく、王地に
坐ってはおらぬ」/藤金吾も負けてはいない。/「さりながら、杖の下は王土ではござりませぬか」
/すると行巡は、今度は、つつっと空中に浮き上がり、そこにじっと留まった。さすがの藤金吾も、
これには仰天し、大あわてで戻り、内裏にこのことを奏上した。〉とあり、結局は改めて勅を発し、
参内せずとも陰ながら加護をたまわりたいと申し入れると、行巡は法衣一着と数珠一つを献上して、
その甲斐あって帝も平癒したと、元亨釈書や扶桑隠逸伝に載る説話を同書は紹介する(^^) どちらが
元ネタか、あるいは第三の元ネタから両者とも派生したものか分からんけど、行巡の方が面白い(^^)

タケミカヅチみたい^_^; 結局年賀ハガキの最後の1枚は自前のハンコ捺すのに失敗し再び書き損じ(+_+)

【追記180116】

手帖を見ると、読んだのは笠谷和比古『関ヶ原合戦 四〇〇年の謎』(新人物往来社,2000)かもm(__)m
タグ:宗教 紀行 説話
コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー