So-net無料ブログ作成

180624読んだ本

ネジバナの写真を他人様のブログで拝見してて実物を観てみたいと思い、庭にあるかと訊いたところ、
「ある!」と即答も、でも、あの鉢、どこへ行っちゃったかなぁ~と続いたから、がっかり(-ω-、)
勝つとポイントが10倍になるという噂が流れているが、そのスーパーのカード持ってないから(^_^;)

【読んだ本】

紀田順一郎『にっぽん快人物烈伝』(旺文社文庫,1985)所蔵本

「作家・評論家・ジャーナリスト」の10人目は「三つの名前を使いわけたタレント作家」、牧逸馬(^^)
他の「名前」(ペンネーム)は谷譲次と林不忘で、本名は長谷川海太郎(弟の一人が『シベリヤ物語』
の長谷川四郎)だけど、丹下左膳というキャラを生み出したことで知られてるんじゃないかしら(^_^;)

    丹下左膳は左眼、左腕の剣士であるが、作者である彼はときどきそのことを忘れ、
    右手でなければ斬れないような場面を書いてしまったり、「ニュッと両手を突き
    あげて、大きな欠伸をしました。オット、ひだり手だけです」などと書くのだった。
    [挿絵]画家もついつりこまれて、昼寝をしている左膳の姿に、両腕をつけて
    しまったりした。

この逸話に大爆笑(^_^;) 林不忘、いいねぇ(^_^;) この挿絵も今だったらプレミア付くんだろうね^_^;

    左膳の書き出しで、彼は「江戸から百十三里、伊賀国柳生の里」と書いてしまったところ、
    読者から「大和国のまちがいではないか」と投書が山積みした。しかし、彼はゆうゆうと
    伊賀国で押し通し、「大和にも柳生はあるが、伊賀にもあると思っていただきたい」と注釈
    したうえ、「学生が立っててれてる紙芝居」の一句をつけた。

最後の句は意味が解からないけど、誤りを指摘した「投書」への、この〈対応〉は気になるね(^_^;)
三田村鳶魚『大衆文芸評判記』(中公文庫,1978)は、大仏次郎、土師清二、直木三十五、白井喬二、
長谷川伸、吉川英治、中里介山、佐々木味津三、子母沢寛の代表的な時代小説の間違いを、容赦なく
指摘しまくったことで有名だけど、丹下左膳が登場する林不忘の『大岡政談』も取り上げてるよ^_^;

    二六頁になると、博奕を打っていた連中が帰ったあとで、おさよという雇婆さんの
    身の上を、源十郎が聞くところがある。「して藩は何処だ?」――この藩という言葉は、
    維新の少し前あたりには、ざらに言った言葉ですが、昔は言わなかったものです。まして
    [この作品の舞台に設定された]享保度の人は、何藩なんていうことは決して言わない。
    こういうことは、時代を釣り揃えることを知らない。――いつ時分の言葉ということを
    知らないから起るのです。/そこへこっそりと丹下左膳が帰って来る。帰って来たのは
    いいが、戸の外から「おい! 源十、鈴源、俺だ」という。こいつ[丹下左膳]は相馬
    中村の士[さむらい]で、徒士[かち]だというから、ごく軽いものです。それが天下の
    御直参、しかも旗本の殿様をつかまえて、「源十」だの「鈴源」だのといって呼ぶのは、
    到底あり得べきことでない。武士に階級のあったこと、階級によってどういうふうになるか、
    というようなことを知らないから、こんなことを書くんでしょう。

こんな感じでボロクソに批判されてるけど、これに対して林不忘がどーゆー反応をしたか気になる^_^;
しかし、大村彦次郎『時代小説盛衰史』(ちくま文庫,2012)上巻によると、この作品は実は、

    新聞から連載の話があったときは、それまで時代小説についてことさら勉強していた
    わけでもなかったので、はたしてそんな大役[←しかも吉川英治「鳴門秘帖」の後の
    連載]が自分に務まるのかどうか、はなはだ心許なかった。

とあるから、間違いだらけなのも(しかも、三田村鳶魚から見れば、尚更だけど)仕方ないかと(^_^;)
大村・前掲書は、続けて次のように書いてるから、間違いだらけでも読んでみたくなっちゃう(^_^;)

    ところが、本人の心配をよそに、いざ書き出してみると、小説は予想外の展開を見せ、
    大向こうの読者を唸らせた。作者が脇役ないし敵役のつもりで創作した、隻眼隻手の
    丹下左膳という男がやたらに人を斬りまくって、大暴れしたのがことさら受けた。
    盲目でニヒルな剣士の先達には、中里介山の造型した「大菩薩峠」の机龍之助がいたが、
    こちらはもっと荒唐無稽、型破りな人物で、しかもグロテスクでさえあった。/・・・
    作者は小説の人気が脇役の丹下左膳にあることに気づくと、途中から丹下左膳を主人公に
    仕立て、話の筋書きを読者の喜ぶ方向にどんどん転換して意に介さなかった。

雨も止んで午後は晴れたので歩き廻った^_^; 今夜も20時過ぎにネット止めて21時半に消灯p(・ω・*q)
タグ:列伝
コメント(40) 
共通テーマ:趣味・カルチャー