So-net無料ブログ作成

180614読んだ本

某学会の大会が京大で開かれた際、大会実行委員長の京大教授に美味しい店を訊ねたら、湯葉の美味しい
店を知ってるとおっしゃるので、「何という店ですか?」とその場にいた一同が身を乗り出して訊くと、
「梅の花」だとさヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ 「梅の花」は関東にも店舗があって何度か行ったことあるよ(´ヘ`;)
京都まで来たのに「梅の花」で食べるなんて変じゃん(-ω-、) 今日のアクセス解析の「検索ワード」に
「手塚治虫のエロティカ」があったが、「検索ボックス」で調べても全くヒットしないんだけど(@_@;)

【読んだ本】

角田喜久雄『影丸極道帖』下(春陽文庫,1989初版)所蔵本

下巻読了(^_^;) 上巻を読了したのは4/22(下記参照)ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ 続けて、下巻も読み始めたけど、
睡眠不足等で5月は1頁も読めず(-ω-、) 6/3に届いた『神変白雲城』(中公文庫,1993)をその日の内に
読み終えてから、本書も再開(^_^;) 読めなかった日も数日あったけど、昨日読み終えちゃった(^_^;)

縄田一男「人と作品 角田喜久雄」(角田喜久雄『怪異雛人形』[講談社大衆文学館文庫コレクション,
1995]所収)が、この『影丸極道帖』を「戦後の角田作品の最高峰」とか「角田作品の集大成といって
いい出来栄え」などと絶賛してるんだけど、上巻を読了した時に書いた通りで、「最高峰」ではないと
思うし、小生が読んだ角田喜久雄の時代伝奇小説の長篇作品(下記参照)とはストーリー展開や構造が
異なり、「集大成」という評はやはり変だと思うね(^_^;) ただ、下巻で、かなり面白くなったことは
事実(^^) 上巻の表紙カヴァー袖の内容紹介文からネタバレしない範囲でストーリー冒頭をメモする(^^)

    八丁堀の銭湯へ朝風呂に現れた町方同心志賀三平は、与力職をせがれ源太郎に
    譲って隠居した松並白亭老人と顔を合わせた。白亭の養女小夜は三平にとって
    妹同然の娘であった。/若き敏腕の同心三平とかつての名与力白亭の間に
    交わされた話は、怪盗影の影丸のことであった。・・・

主人公と悪役が対決する構図だけど、ともに下巻で交代しちゃってたぞ(^_^;) 「ミステリ素人の小生は
ベッド・ディテクティヴ (bed detective)を連想(^_^;)」と書いたけどさ、下巻ではベッドどころか
メチャ活動的になって主役に躍り出るし、他方は、既に上巻の途中から全く姿を見せなくなってた上に
交代と、上巻と下巻とでストーリーの構造が変わっちゃった(^_^;) しかも、ラストに明かされる真相に
びっくり( ̄◇ ̄;) その点は『虹に立つ侍』(春陽文庫,1988改装)に似ているかもね(^_^;) ちなみに、
同作品はキャラ同士のユーモラスな遣り取りにニヤニヤしながら読めて、ラストに声が出てしまうほど
びっくりさせられる等々、メチャ好みの作品(⌒~⌒) だけど、角田喜久雄の時代伝奇小説らしい作品
としては、やはり、『まぼろし若衆』(春陽文庫,1977)、『寝みだれ夜叉』(春陽文庫,1990新装)、
『緋牡丹盗賊』(春陽文庫,1991改装版)といったところを推すかな(^^) 『影丸極道帖』は上巻読了時
に書いた通り、これらの作品とは明らかに異なる作品だったけど、ま、面白かったから満足かな(^_^;)

以下は読了した角田喜久雄の時代伝奇小説の長篇作品リスト(^^) 読了した短篇集は割愛したm(__)m

『寝みだれ夜叉』上⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2016-12-02
『寝みだれ夜叉』下⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2016-12-04
『まぼろし若衆』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-15
『振袖地獄』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-30
『緋牡丹盗賊』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-08
『恋慕奉行』上⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-10
『恋慕奉行』下⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-18
『半九郎闇日記』上・下⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01
『緋鹿子伝法』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03
『姫夜叉行状記』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-08-21
『虹に立つ侍』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-08-24
『妖異忠臣蔵』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
『白蝋小町』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
『神変白雲城』⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2018-06-03
『影丸極道帖』上⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2018-04-22

睡眠不足も極まれりで、頭の中でザーとサンドストームの音がしてるんですけど(-ω-、)

[追記180614]

センニン様の御指摘で気付いたけど「アームチェア・ディテクティヴ Armchair Detective」が適切かも^_^;

[追記180615]

上巻再読で「ベッド」とした理由判明も、人物を取り違えてたから「アームチェア」に訂正m(__)m
タグ:小説 歴史
コメント(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 28

センニン

こんばんは。
安楽椅子まで行かずにベッドねぇ。
そのうち夢の中で事件を解決する探偵が出現するのでしょうか?
by センニン (2018-06-14 20:48) 

middrinn

たしかに「安楽椅子人類学者」と小生も言いますよ( ̄◇ ̄;)
ただ、wikiも「ベッド・ディテクティヴ」は立項されていて、
〈ベッド・ディテクティヴ (bed detective) は、ミステリの
分野で用いられる呼称で、広義の安楽椅子探偵 (armchair
detective) の一種、あるいは安楽椅子探偵の亜種といえる。
ベッド探偵、寝台探偵とも。〉となっていますね(@_@;)
「夢落ち」という事件解決もあるのかしらヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
by middrinn (2018-06-14 21:00) 

よしころん

頭の中のザーザー♪大丈夫かな。
早く休んでくださいませ。

おしらじの滝、私のなかではオフィーリアの滝と呼ぶことにします。
素敵な名前をありがとうございます^^
by よしころん (2018-06-14 21:01) 

middrinn

よしころん様がオフィーリアの衣装で水に浮かんだ御写真を(^o^)丿
森村泰昌が実践してそう(^_^;) 御心配ありがとうございます(T_T)
by middrinn (2018-06-14 21:06) 

ちぃ

『半九郎闇日記』読了しました!エンターテイメントですねー^^
とっても楽しめました。
読みながら「なんだか山田風太郎がチラつくわ・・・」と思ったら
角田氏と山田氏、交流があったのですね(wikiで見ました)
山田氏を何か一冊読んでから、半九郎つながりで『寝乱れ夜叉』を
借りようかな、と思っています。

寝不足と目を酷使しているのも原因では?
ゆっくり体をお休めくださいませm(_ _)m
by ちぃ (2018-06-14 21:50) 

ワンモア

当ブログへのお祝いのコメント、ありがとうございます(^^)
私は歴史の中に出てくる奇譚、怪談が好きです。
今後も拝見させていただきます。よろしくです\(^o^)/
by ワンモア (2018-06-14 22:37) 

ニッキー

「梅の花」・・・いや、私は行ったことがありませんが
何店舗もあるんだから美味しいのだろうとは思います。。。
が、「京大の教授が教えてくれる湯葉の美味しい店」は
地元の方だけに期待しちゃいますよねぇ(⌒-⌒; )
by ニッキー (2018-06-14 23:14) 

riverwalk

早く寝てください。おやすみなさい。
by riverwalk (2018-06-14 23:24) 

hanamura

棺桶から謎解きって、あったかなぁ???
遺言が犯人を・・・って、読んだら話が終わるじゃん!
遺言なら、コッチにも、あるぞ! コッチもでぇ!
by hanamura (2018-06-15 05:19) 

green_blue_sky

湯葉は美味しいですね。
そこにしかないと思うと、意外と、あちらこちらにあります(^_^;)
by green_blue_sky (2018-06-15 06:39) 

ぽちの輔

湯葉って豆乳を沸騰させたら出来るんじゃ?
家でも簡単に食べられそうですけど
お店のは一工夫してあるのかな^^;
by ぽちの輔 (2018-06-15 07:20) 

middrinn

北上次郎も選んだ作品だから大丈夫だろうとは思っていましたが、
ちぃ様の御眼鏡にかなって良かった^_^; 『白蝋小町』の記事に、
〈大村彦太郎『時代小説盛衰史(下)』(ちくま文庫,2012)には
「山田の忍法小説の先蹤作品としては、国枝史郎の・・・、吉川英治
の初期の・・・、角田喜久雄の・・・などにみられる伝奇ロマンの
系譜があったが、山田がこれらの作家の影響をどれほど受けたかは
分からなかった。それよりも従来の伝奇小説の世界に、新たな空想
科学性と豊潤なエロチシズムを加えて、読者の関心を集めたことは
まちがいなかった。」〉とコメント書き込みましたが、wikiの記述
は見落としてましたm(__)m 『半九郎闇日記』は悪役のインパクト
がイマイチな点、魅力ある女性キャラがいない点などで、小生的に
『まぼろし若衆』『緋牡丹盗賊』等の方が上の評価ですね(^_^;)
たしかに目の酷使かも(+_+) 御心配ありがとうございます(T_T)
by middrinn (2018-06-15 08:32) 

middrinn

ワンモア様の「144ヒコーキ工房」、読み応えのある内容、
着眼点のユニークさ、そんな記事を1500回ヒィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
マジで尊敬してますm(__)m もはや偉業ですよね(^_^;)
by middrinn (2018-06-15 08:32) 

middrinn

一同がっくりでしたよ(´ヘ`;) 滋賀県出身の京大教授も
そうおっしゃるんだから、「梅の花」が凄いのかも^_^;
ニッキー様も個室を予約することをお奨めしますよ(^^)
by middrinn (2018-06-15 08:33) 

middrinn

riverwalk様も無理しなくていいのに(^_^;)
by middrinn (2018-06-15 08:34) 

middrinn

hanamura様の前回頂戴したコメントを誤読しちゃって
トンチンカンな返信コメしてたことに気付いて、愛しの
hanamura様のため返信コメント書き直したよm(__)m
返信コメは満足いくまで結構何回も書き直してるの^_^;
by middrinn (2018-06-15 08:35) 

middrinn

たしかに他にも出店してたりしますものね(^_^;)
green_blue_sky様も、虫歯以外に7本近くも治療
しないといけない歯が、「あちらこちらに」(:_;)
by middrinn (2018-06-15 08:36) 

middrinn

ぽちの輔様は器用で料理もお得意ですから、
美味しい湯葉を御自宅で作れそう(^_^;)
by middrinn (2018-06-15 08:36) 

よしころん

こちらでお許しくださいませ。
https://www.sankei.com/life/photos/160107/lif1601070024-p1.html
こんな写真撮ってもらえたら遺影にしたいものです♪
by よしころん (2018-06-15 10:48) 

middrinn

樹木希林のオフィーリアヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
宝島社、やはり恐るべし((;゚Д゚)ヒィィィ!
by middrinn (2018-06-15 10:55) 

k-sakamama

「梅の花」こちらにもありますが、行ったことがありません。
人気店ですが、京都だともっと湯葉の美味しい店があるような?(笑
それくらい美味しいってことかな。。行ってみようと!
今日は、ザーとサンドストームの音が止まりましたか?
倒れないうちに睡眠を~(笑 

by k-sakamama (2018-06-15 12:04) 

middrinn

そっか、京都の「梅の花」は特別な料理を出してる可能性が( ̄◇ ̄;)
頭の中のザーは止みましたが、眠気と身体のダルさが酷いです(+_+)
タマゴボール(オランダセンニチ、パラクレス)____φ( ̄^ ̄ )メモメモ
by middrinn (2018-06-15 12:16) 

DON

寝貯めは出来ないから
ちゃんと寝て下さいね~(^_^;)


by DON (2018-06-15 12:33) 

middrinn

ありがとうございますぅ~(T_T)
睡眠負債とかありますしね(+_+)
by middrinn (2018-06-15 12:40) 

kuwachan

梅の花、渋谷にあったような・・(^^ゞ
by kuwachan (2018-06-15 13:01) 

middrinn

そーなんですよ(^_^;) 日本中至る所に店舗あるのに何故って感じです^_^;
kuwachan様の「memoranda」、いつも素敵な御写真ですよねぇ(〃'∇'〃)
by middrinn (2018-06-15 13:14) 

hatumi30331

あれ?
検索サイト・・・・・
私の所にも同じのが・・・・
なに??

梅の花、有名よね。
大阪で行った事あるよ。^^
by hatumi30331 (2018-06-15 17:06) 

middrinn

「手塚治虫のエロティカ」で来た人がいましたか( ̄◇ ̄;)
豆腐や湯葉の「梅の花」は有名なお店ですよねぇ(^_^;)
by middrinn (2018-06-15 17:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。