So-net無料ブログ作成

181021読んだ本

⑭~⑰だけが発送手配完了となり先に届いても困るんだがと思ってたら①~⑬も発送手配完了に(^_^;)
部屋着にしてた麻の混じったシャツも今日で卒業(´・_・`) 掛布団も部厚いのに替えようかしら(-ω-、)
昨夜は雨で急いでいたこともあって真っ暗の庭を突っ切ったらホトトギスを蹴飛ばしちゃった(´ヘ`;)

【読んだ本】

紀田順一郎『にっぽん快人物烈伝』(旺文社文庫,1985)所蔵本

「芸能人」の9人目は「芸に生き恋に死んだ女優」として、松井須磨子だけど、詳しくは知らぬ(´・_・`)

古本に詳しい岡崎武志が角田喜久雄&山口将吉郎(絵)『黒岳の魔人』(中公文庫,2007改版)巻末の
〈「劇画の原点」となった『黒岳の魔人』〉と題した〈解説〉の冒頭で、次のように述べてた(@_@;)

    もう十年以上も前、評論家の紀田順一郎さんのお宅へ取材でうかがった時、雑談で
    中公文庫の話になった。中公文庫がいかに魅力的な文庫であるかを、この碩学と
    語れるなんて、幸せなこと。

「中公文庫がいかに魅力的な文庫」だった(←過去形!)かは〈肌色の頃の〉と限定するなら同感も、
「碩学」だなんて、山口昌男ならともかく、変だろ^_^; 百目鬼恭三郎や谷沢永一には及ばないけど、
紀田順一郎が書物にメチャ詳しいことは認めるけどさ(^_^;) それにしても、何度か指摘したように、
本書の記述にはミスが散見されるね(@_@;) 巻末には人物別に「参考文献」が挙げられているけど、
ソレらから紀田順一郎が逸話を纏めた際に誤りを正さなかったのか(@_@;) 例えば、次の逸話(@_@)

    彼女はひどいヒステリー性であった。最初に結婚した前沢誠助とは、恋愛結婚
    であったといわれているが、ヒステリーはおさまることなく、毎日のように
    夫を苦しめ、なやませた。「今朝も、煮え立ったお汁を僕にぶっつけるんですよ、
    これ・・・・・・」と、亭主はやけどした腕をまくって、人にみせるのが常だった。

単行本(河出書房新社)は1963年に出た戸板康二『松井須磨子 女優の愛と死』(文春文庫,1986)には、

    須磨子は正式の結婚生活を、二度経験した。/最初の結婚は、明治三十六年、
    数え年十八歳の秋である。・・・/須磨子は、鳥飼啓蔵という夫を持った。・・・/
    十八歳で、ごく普通の嫁入りをし、翌年実家に帰されたこの須磨子の第一の結婚は、
    須磨子に人の世のはかなさを教えただけに終ったようである。/・・・/町田犀仙は
    まだ当時学生で、榊病院を退院した須磨子をしばらくあずかっていた家の子息だった。
    ・・・そして、この家に家庭教師に来ていた前沢誠助が、次に、須磨子の夫となった
    のである。/・・・/第二の結婚は、明治四十一年の秋である。・・・

本書が紹介している最後の逸話は次の通りで、上記の副題からは少し逸脱している感じもする(@_@;)

    [島村]抱月のあとを追って死のうと決心したとき、彼女は一個の女でしかなかったが、
    死の瞬間、ふたたび芸術家としてのセンスが頭をもたげてきた。自殺に用いる扱帯
    [しごきおび]の色を考え、青と紅をくらべて、紅を選んだのである。

これに対し、戸板康二・前掲書は「自決」シーンをまるで目撃してたかの如く次のように描写(@_@;)

    廊下を通って楽屋に使う二十畳の部屋を通り、須磨子は物置にはいった。戸の外で、
    家の中で穿[ママ]く赤い鼻緒の草履をぬいだ。物置には天井がなく、梁がむきだしに
    なっている。その下に立った須磨子は三本の扱帯[しごき]を持っていた。/
    卓子[テーブル]を隅から動かして来て椅子をのせた。卓子に上って、緋ぢりめんの扱帯を
    梁にかけ、水色の扱帯で膝をしばった。もう一本の扱帯は卓子にのせた。/椅子に上った
    須磨子は、梁の扱帯の輪の中に、首をさし入れた。目をつぶって「先生」といった。
    そして、何のためらいもなく椅子を蹴った。

島村抱月の名を口にしたという根拠あるのか(@_@;) 同書「あとがき」は次のように記すけど(^_^;) 

    松井須磨子という女優に関する、これはぼくの考証である。/評伝といっても、
    ノンフィクションといってもいいが、書いているうちに、やはり考証というのが
    当っているような気がして来た。・・・

眠気覚ましのコーヒー飲み過ぎで胃が痛くなったから太田胃散を服用するも依然として痛いし眠い(+_+)
タグ:評伝 列伝
コメント(18) 
共通テーマ:演劇

コメント 18

cooper

こんばんは。
お布団は、肌かけ~肌かけ2枚~もうこの辺でと、昨日あい掛け布団+薄毛布へと変えました。ヌクヌクで 今朝 寝坊しました。
シバレル頃には もう1ランク上のフカフカ+フカフカ毛布に。
足、冷え性なので電機アンカ使ってます。
by cooper (2018-10-21 19:55) 

よしころん

midoちゃま、胃が痛いの?
私も胃痛持ちだけど、私の場合はいわゆる胃薬よりビオ〇ェルミンが何故か効きます。
昨年そのことに気づきそれ以来胃痛は起きていません。
今度こそ、たぶん、快復^^v
by よしころん (2018-10-21 19:58) 

middrinn

ヌクヌクでお寝坊なんて、メチャ幸せすぎますねぇ(〃'∇'〃)
cooper様も目を奪われたという「ソラタビ北海道~海岸線
3000kmスペシャル」、STV札幌テレビの創立60周年記念
番組の由、再放送あるといいですね(^^) DVD化も期待(^^)
by middrinn (2018-10-21 20:02) 

middrinn

大人買いの他にも何冊か昨夜注文したせいか(-ω-、)
ビオフェルミンは、整腸剤だったような気が(@_@;)
よしころん様には乳酸菌が合っているのかも(〃'∇'〃)
よしころん様が今度こそは快復しますよーに(^o^)丿
by middrinn (2018-10-21 20:08) 

ワンモア

コミックは順番に読まないとネタバレになるから困りますよね^^
一巻が読めるようになってよかったですね。
by ワンモア (2018-10-21 20:18) 

middrinn

ですよねぇ(^_^;) ただ、実は今回注文した作品は
途中から連載を読み始めていて、物語の発端、設定
が解らないまま読んでいる状態なんですよ(^_^;)
by middrinn (2018-10-21 20:23) 

センニン

こんばんは。
今日は麻の長袖シャツの下にヒートテックの長袖というチグハグな格好で出かけました。
手元の普段着がみんな半袖で、クリーニング屋さんに引き取りに行かなかければならなかったのです。
by センニン (2018-10-21 20:55) 

middrinn

流石にヒートテックは早いですよねぇ( ̄◇ ̄;)
ヒートテックは歩くと汗かきそうですね(^_^;)
by middrinn (2018-10-21 21:00) 

ニッキー

全部の巻が発送完了で良かったですねぇ=(^.^)=
前半がかなり先だったらお預けになっちゃいますもんねぇ(⌒-⌒; )
布団、私はもうあい掛け布団使用中です^^
かみさんはニャンズと一緒に寝てとても暖かいので
まだ夏用のガーゼ布団ですw
by ニッキー (2018-10-21 22:45) 

ナベちはる

無事に全巻発送になって、一安心ですね。
これが14~17巻が先に来る状態になっていたら、読みたいのにネタバレで読めない状態になっていたと思うと…(^^;
by ナベちはる (2018-10-22 00:37) 

middrinn

いやぁ~今の時点でも⑭~⑰は発送済みになりましたけど、
①~⑬は発送手配完了のままで発送されてないです(-ω-、)
ニッキー様の奥様は真冬もガーゼ布団で大丈夫そう(^_^;)
by middrinn (2018-10-22 06:26) 

middrinn

楽天ブックスの「発送手配完了」とは「発送済み」の前段階なんです(-ω-、)
ナベちはる様が懸念される状況に、このままだとなりそうです(´;ω;`)ウッ…
by middrinn (2018-10-22 06:28) 

そら

ん〜、なかなか感情の起伏が激しかった女性のようですね
しかし自殺は・・・それだけ自身を見失う女性だったという事でしょうか?
最近、朝晩は寒いですね、今日は上着に下にダウンベストを着ての出勤となりました、もちろん手袋も着用して(^^;
by そら (2018-10-22 07:42) 

middrinn

それだけ島村抱月に依存してて、その島村抱月が亡くなったことが
ショックだったのかしら(@_@;) もう手袋ですかぁヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
by middrinn (2018-10-22 07:45) 

mimimomo

おはようございます^^
まだ毛布二枚で頑張ってます。
松井須磨子、名前だけは昔よく耳にしました。母の世代って感じ。
情熱的?だった? ちょっとついて行けない人だな・・・
何度か結婚した人は、他人から見るとどれが最初で何番目、何て分からなくなる?^^
by mimimomo (2018-10-22 07:56) 

middrinn

明治19年生れで、大正8年に亡くなりましたからねぇ(@_@;)
何度も結婚すると本人も誰が最初か分らなくなってたり^_^;
by middrinn (2018-10-22 08:15) 

Rifle

昨夜は撮影会で妙高山中腹に泊まっていましたが、ホテル館内はしっかり暖房、その上厚い布団!ヌクヌク寝てきましたよ。
我が家に帰ったら、妙高山より標高は低いし気温も高い筈なのに、夜になったら冷え込んできたので慌てて羽根布団を出しました。
加齢と共に暑さ寒さがコタエるようになってきましたねぇ。
by Rifle (2018-10-22 23:42) 

middrinn

冬の部厚~い掛布団に替えて、小生もヌクヌクでした(〃'∇'〃)
ちょっと重かったですが(^_^;) 撮影会の御写真、愉しみ(^^)
by middrinn (2018-10-23 07:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。