So-net無料ブログ作成

181227読んだ本&買った本

電撃戦だよっ! パンツァー・フォー!(^o^)丿として、元日からのセールではなく年末の29日に去年は
ブックオフを急襲したけど今年はどーすんべ(@_@;) 垣根に結わえてあった竿竹を盗まれた由(-ω-、)
メッセージを添えずに一輪の花だけ贈って、その意図が相手に伝わるなんて、素敵だよねぇ(〃'∇'〃)

【買った本&読んだ本】

オジロマコト『猫のお寺の知恩さん』第9集(小学館ビッグスピリッツコミックス,2019)

楽天ブックスで予約して今日発売のが届いたヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪ 638円をポイント払い(^_^;)
2人の仲が進展しそうな時には必ず傍らにいたので、今回も活躍、てゆーか、不活躍(?)して、物語の
結末とは別にさり気な~く悲しい姿に(´;ω;`)ウッ… 名作傑作でなくとも佳作のまま完結(〃'∇'〃)

【読んだ本】

杉本苑子『散華 紫式部の生涯(下)』(中公文庫,1994)所蔵本

『紫式部日記』『紫式部集』には藤原道長による返歌もあるのに紫式部の歌だけ用いた挿話にしていた
本書だが(⇒ https://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-22 )、『和泉式部日記』も
秀歌とされている和泉式部の歌は省略して敦道親王の返歌だけを使ってるぞ∑( ̄ロ ̄|||)にゃんと!?

    為尊親王の一周忌が済むか済まないかのうちに、和泉式部が、こんどは故宮[=為尊親王]
    の弟の敦道親王とねんごろになったらしいというのである。/「出たらめなものか。
    おおっぴらになったのは最近だけど、忍んで逢いはじめたのは四月ごろからだそうだよ」/
    嘘つき呼ばわりする姉が癪にさわったのか、惟規はむきになってまくし立てた。/
    「仲立ちの役をつとめたのは一枝の花橘さ。帥ノ宮[=敦道親王]は兄宮にまさる風流公子
    だからね、召使の小舎人童に、香りさわやかな橘の枝を持たせてやった。この童はもと故宮
    に仕えていた少年だから、透垣[すいがき]の向こうから近づいてくる姿を見て和泉式部は
    どきッとした。一瞬、弾正ノ宮[=為尊親王]のお使いと錯覚したんだろう。でも橘の花は
    弟宮からの贈り物だったんだよ」/むろん歌がつけてある。それは、/

      おなじ枝になきつつをりし郭公[ほととぎす]
       声はかはらぬものとしらずや

    という一首で、端に一筆、添え書きがされていた。/「かかること、夢、人に言ひ給ふな。
    好きがましき様[やう]なり」/好色な男と思われるのは閉口だから、このこと、他言は
    ご無用と念を押しているのだ。

『和泉式部日記』の当該件との差異で、小生が気になった部分を先ず列挙し、それぞれ敷衍するけど、
訳は小松登美(全訳注)『和泉式部日記(上)』(講談社学術文庫,1980)に拠った(⌒~⌒)

①敦道親王から贈られた「橘の枝」に対して『和泉式部日記』では和泉式部が「昔の人の」と呟く(^^)

②敦道親王からの「橘の枝」の返事として『和泉式部日記』では「薫る香によそふるよりはほととぎす
 聞かばや同じ声やしたると」という歌を詠んで小舎人童に託している(^^)

③『和泉式部日記』では小舎人童に同歌を託した際に和泉式部の「あだあだしくもきこえ給はざなるを
 [あの宮さまは浮気っぽいお方だという評判でもいらっしゃらないそうだもの]」と内心描写が(^^)

④『和泉式部日記』では和泉式部の同歌に対する返歌として敦道親王は上記「おなじ枝に」という歌を
 書いて小舎人童に与える際に「こういうことを人に言うな。好色めいた感じだ(から)」と発言(^^)

①「橘の枝」に対して和泉式部が「昔の人の」と先ず呟く(^^)

初学者の小生でも本書の上記件を読んだ瞬間に「橘の枝」が何を意味するか判ったv( ̄∇ ̄)ニヤッ 有名な
「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」という古今和歌集や伊勢物語の歌を踏まえている
わけじゃん(^^) 『和泉式部日記』では、手紙はおろか歌もついてない単なる一本の「橘の枝」だけど、
「昔の人」=亡くなった為尊親王のことを偲ぼうというメッセージが敦道親王によって込められていて
ソレを和泉式部もちゃんと理解したことを意味するのが「昔の人の」という一言なわけだね(〃'∇'〃)
この無言の会話、メチャ素敵なのに本作品の中で使わないなんて、苑子タン、センス無いよね(-ω-、)

②「橘の枝」に和泉式部が「薫る香によそふるよりはほととぎす聞かばや同じ声やしたると」と返す(^^)

花橘の香に対しホトトギスの声で返した和泉式部の同歌は、勅撰和歌集である千載和歌集に入り、藤原
定家が古今集から新古今集に至る八代の勅撰和歌集より秀歌を選出した「定家八代抄」(樋口芳麻呂&
後藤重郎[校注]『定家八代抄―続王朝秀歌選―(下)』[岩波文庫,1996])にも選ばれているのに、
苑子タン、無視かよヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ 敦道親王の(返)歌は八代集にも撰ばれてない作品なのに(@_@;)

③「あの宮さまは浮気っぽいお方だという評判でもいらっしゃらないそうだもの」という心の声が(^^)

苑子タン、本作品の中で「好き者の帥ノ宮」とか「[為尊親王と合わせて]色好みの兄弟」などなど、
敦道親王を好色キャラに設定しちゃったから、この和泉式部の心の声も削ったのか(@_@;) 小松登美
・前掲書は兄の為尊親王は「きわめて好色な方であったと伝えられ」ているが、「敦道親王については
その多情を伝える資料はとくにない」し、同「親王はとくに好色な方ではなかったであろう」などと
論じた上で、「これらの点から見て、森田兼吉氏の言われるごとく『[和泉]日記』のここの文は[=
あだあだしくもきこえ給はざなるを]、親王の面影を正確に伝えているものであろう。」と結論(-"-)

④敦道親王が返歌を書いて与えた際に小舎人童に「人に言うな。好色めいた感じだから」と発言(^^)

①に関して述べたように「橘の枝」だけを贈って敦道親王と和泉式部との間に無言の会話が成立してる
ところが素敵なわけで、百歩譲って、「橘の枝」に敦道親王の「歌がつけてある」のはアリとしても、
更にその「端に一筆、添え書きがされていた」だなんて蛇足で、敦道親王がセンス無いみたい(-ω-、)

『和泉式部日記』は虚構も混じってる可能性があるから、その記述と異なった描写をしても苑子タンの
言う「歴史への冒瀆」ではないけど(敦道親王の好色キャラは如何かと思うが)、『和泉式部日記』の
素晴しい部分を全く活かしていないところを見ると、苑子タンの鑑賞眼も疑わしいよねぇ(´ヘ`;)

もしかして、紫式部の弟の藤原惟規は本作品ではメチャ出来の悪~い人物とキャラ設定されてるから、
『和泉式部日記』の記述を知る者にソレを更に印象付けようと、わざとこのように描いたとか(^_^;)

今日も気温的に寒く感じるのは変だと思ってたら喉と頭も少し痛く風邪っぽいので昼からパブロン(+_+)
コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 12

ニッキー

ここのところ乾燥しまくってるので
風邪をひきやすくなっちゃいますよねぇ(*_*)
明日も乾燥注意報が出てるので、
のど飴とかで潤してくださいね(_ _)
by ニッキー (2018-12-27 23:36) 

Labyrinth

お寒くなるようです。どうぞ十分ご自愛くださいませ。
またボチボチ (^_^; 楽しみに読ませていただきますね。
by Labyrinth (2018-12-28 00:44) 

ナベちはる

メッセージを使わずとも一輪の花を贈るだけで伝わる関係、羨ましくも感じます。
by ナベちはる (2018-12-28 02:27) 

middrinn

やはり乾燥してるからですかねぇ(´ヘ`;)
圭太様が伸ばした手も全く気にしていない
ニケ様の如く泰然自若といきたいです(^^)
by middrinn (2018-12-28 07:44) 

middrinn

映画評も興味深いのですが、
Labyrinth様の俳句作品も
実は愉しみにしてたり(^^)
by middrinn (2018-12-28 07:45) 

middrinn

あの風の強い日に中野サンプラザに集まった人々と
ナベちはる様は同じような関係かもしれません(^^)
by middrinn (2018-12-28 07:46) 

マーヤ

一輪の花だけ贈って…粋ですね(^_-)-☆
セールでの制勝、祈っております( ´∀` )

by マーヤ (2018-12-28 08:56) 

middrinn

相手に意図が通じず誤解される場合もあるかも(^_^;)
先立つものが無くてセールに行くの自粛しようかと(..)
by middrinn (2018-12-28 09:05) 

センニン

こんばんは。
 みのひとつだになきぞかなしき
by センニン (2018-12-28 19:35) 

middrinn

「181222読んだ本【ネタバレ】」の返信コメに書いた同歌ですけど、
「181215読んだ本」で取り上げた本にもあるように「一部分のみを
引用」される方が(^_^;) 例えば、「みのひとつだに」とか(^_^;)
by middrinn (2018-12-28 19:44) 

ワンモア

パンツァー・フォー!と聞くと何故か更新してしまう私です。
パンツァーカイル展開!とかね^^
by ワンモア (2018-12-30 12:17) 

middrinn

「パンツァーカイル」、ガルパンにも出てきてたんですねぇ( ̄◇ ̄;)
by middrinn (2018-12-30 12:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。