So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

180410読んだ本&買った本

文庫本の表紙カヴァーに記されている内容紹介文、ネタバレになってるのもあると思うぞ(ノ_-;)ハア…
あらすじ紹介だったとしても、読む前に知っちゃうと、読んだ時の愉しみが薄まってる気が(´・_・`)
上・下巻に分かれている場合なんか、絶対に下巻の内容紹介文には目を通しちゃダメだよね(-ω-、)
内容紹介文を忘れた頃に読み始めることにしてるため、未読のまま死蔵となることもヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
表紙カヴァーの内容紹介文なんて全て同じコピーにして、「寝るなら読むな」や、ネルソン・デミル
『ゴールド・コースト』に文春の担当編集者が付けた「読めばわかる」にするのはどうかな(⌒~⌒)

【買った本&読んだ本】

角田喜久雄『影丸極道帖』下(春陽文庫,1989)

角田喜久雄『影丸極道帖』下(春陽文庫,1979)は買ってたけど、「改装版」か「新装版」で全て揃え
たいからね(-ω-、) 角田喜久雄の春陽文庫版の時代伝奇小説は、コンプリートしてからもチェックを
欠かさず、本書も狙ってた一品なのv( ̄∇ ̄)ニヤッ 「ブックセンターいとう日野店」は、楽天に800円
で出品も送料がチト高め(+_+) ただ、同時にアマゾンにも出してて、いくらか忘れたけど、送料ナシで
860円ぐらいと、楽天で買うよりは安いんだよね(´・_・`) とはいえ、つまらない美意識のためにドブに
捨てられる額ともいえずスルーしていたら、送料ナシで566円になってたから、ヤフーや楽天など側溝
じゃなく速攻で確認して注文(^_^;) 「良い」なのに「非常に良い」でも通用する美品だった(⌒~⌒)
純金の元名古屋嬢曰く、男は忠実( ← 「まめ」と読むのよ)じゃないとねオホホホ!!♪( ̄▽+ ̄*)

角田喜久雄について、〈北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」③〉と銘打たれた角田喜久雄
『半九郎闇日記(下)』(小学館文庫,2010)の「解説」の中で、エンターテイメント小説に詳しい
北上次郎が次のように書いてたよ(^^)

    権田萬治・新保博久監修『日本ミステリー事典』に、「横溝正史と並んで戦後の
    探偵小説界をいち早くリードした」とあるように、そして昭和三十三年には前年
    発表の『笛吹けば人が死ぬ』で第十一回日本探偵作家クラブ賞を受賞しているように、
    もちろんミステリー作家としての功績は言うまでもないが、時代伝奇小説のジャンルでも
    数々の傑作を書いたところにこの作家の幅の広さがある。

角田喜久雄のミステリーの代表作の一つ『高木家の惨劇』を「もう1つピンときませんでした(^^;。
時代伝奇小説はおもしろいのかなぁ? 」と「180128読んだ本&買った本」コメント欄に書き込まれた
アニマルボイス様のような方もおられ、所詮は相性の問題だけど、上記のような定評があるのさ(^^)

んで、この『影丸極道帖』という作品についても、角田喜久雄『怪異雛人形』(講談社大衆文学館文庫
コレクション,1995)の巻末の縄田一男「人と作品 角田喜久雄」は、次のように評していたよ(⌒~⌒)

    しかし何といっても、戦後の角田作品の最高峰は『影丸極道帖』(「東京タイムズ」
    昭和三十八年~四十年)である。時代小説の中に「本格推理小説」的骨格を持ち込み、
    ・・・を描いたこの作品は、構成の緻密さ、そして作中人物、主に・・・を通して
    行われる人間洞察の確かさにおいて、角田作品の集大成といっていい出来栄えを
    示している。

「最高峰」なんだぁ(゚o゚;) なお、上記引用で省略した部分はあらすじ等でネタバレの可能性(-ω-、)
前にも書いたけど、この縄田一男「人と作品 角田喜久雄」は、角田の時代伝奇小説の代表作の一つ
『髑髏銭』のあらすじも延々と記して主要登場人物の正体も明かしてたヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!

      ⇒ http://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-08-07

教えられる点も多かった解説だけどね(^_^;) 角田喜久雄の次のような逸話も面白かったし(〃'∇'〃)

    ・・・小さい頃から記憶力抜群で、労せずして成績優秀、夏休みの終わり頃に
    なって記録もなしに宿題の絵日記を一ヵ月分、まとめて書いてしまったという
    エピソード等は、はやくも彼の緩急自在の小説作法を思わせないでもない。

最後に、色々と話題になってたランキングについて(^_^;) 5日のランキング更新以降、毎日なされる
はずの更新が行なわれず、今日やっと実施されたけど、小生の知る限りでは、一日に2回もあった^_^;
同じく「本」に属してる別ブログが(昨日記事のコメント欄にも書き込んだように)9位から11位へと
朝ランクダウンしたのが、昼前になって13位へと更に下がったのに対して、このブログは昼前までは
1位だったけど結局2位に落ちた(^_^;) 5日の記事&コメント欄にも書いてるけど、5日の更新による
1位&9位は「つかのまの勝利」だし、そもそも5日のランキング全体が「不審」と考えてたから、別に
不満はない(^_^;) 「本」のランキングに関しては、依然として「不審」だけどね(^_^;) ランキング
評価の対象となるアクセス数、nice!数、読者数の3つで小生の別ブログより明らかに数が上のブログが
依然として別ブログより下位にあるからね(^_^;) ただ、別ブログは休眠中で記事数も69しかないけど、
取り上げてる本を検索すれば、一頁目にヒットするのが多いけどね(^_^;)ヾ( ̄o ̄;)オイオイ最後に自慢?

順位が上がっても下ってもおかしいと独り言い続けるみどりんは困ったチャンかしら(〃'∇'〃)テヘペロ
タグ:小説 評論
コメント(34)